ほかほか湯めぐり 日帰り温泉

   新潟県の温泉
新潟の温泉 Menu
新津温泉
五十沢温泉(イカサワ)
湯元共同浴場 山の湯(湯沢)
貝掛温泉
栃尾又温泉

新津温泉

新潟市秋葉区新津本町4-17-3
0250-22-0842
ナトリウム塩化物 炭酸水素塩泉
7001900
300


独特な香りがたまらない
          町の温泉


★★★★★

かなり鄙びていて一般の住宅と見た目が変わらないので、見落として近くをグルグル廻ってしまいました。
建物内は、昭和の雰囲気。ちょっと雑然としていましたが、脱衣所と浴室は共同湯のような風情です。

お湯は温めで、はっきりとした油臭がぷんぷん香ります。ヌルつるした感触が心地よいのでちょっと贅沢な気分にひたれます。4人ほど入ればいっぱいの浴槽。
小さいながらも常連さんが次々とやってきます。

浴槽からお湯を汲んで体を洗う方式。髪も?と思いましたが皆さん、なんの躊躇もなく、直接汲んで髪を洗っていました。
さら湯で洗うことなく、そのまま上がったのですが・・その後、かなりの時間 油臭を楽しむ状態になりました。

 


 五十沢温泉(いかざわ)ゆもとかん


南魚沼市宮17-4
025-774-2876
500
アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)
内湯・露天。




 古きよき時代を彷彿する町の温泉

★★★★☆


ちょっと古めで昭和のかおり漂う、地元の宴会場的な雰囲気の温泉宿。鄙び感もあったが団体や、工事作業員の宿泊客など来客は多いようだ。
男女別内湯はシンプルなタイルの浴槽ですが、お湯がザーッと床を洗うように流れている点が大変よい、浴室全体はアルカリ性のソフトなにおいに包まれていい感じで、とても満足。
無色・透明・つるつる感あり、温度も適度に熱めで気持ちよい。

飲泉は微かに甘みのカルシウム感のある味。
その他に、混浴の岩風呂内湯とか、混浴露天まであるようだったが、団体がゴヤゴヤとやってきたので、そちらには行かず。
というか、内湯の湯が好みのタイプだったので、落ちつかない混浴に行ってその余韻が打ち消されるのはいやだな、と思った。というのが本音です。

   

なぜか・・パンダの剥製が。。
TV局に貸し出したこともあるらしい。

湯元共同浴場 山の湯 (越後湯沢)

南魚沼郡湯沢町湯沢930

越後湯沢駅から車で5
025-784-2246

定休日:火曜 600から2000
単純硫黄温泉(低張性アルカリ高温泉)
400


 湯質も満足な趣ある共同湯

★★★★★

越後湯沢の共同湯の中で一番古い共同湯ということで行ってみました。急な勾配の坂をぐぐっと登った、小高い場所にあり、まさに山の湯という風情。
残念ながら浴室の写真は撮れませんでした。浴槽は5.6人も入ればいっぱいのサイズですが、タイル貼りのこじんまりした雰囲気がとても落ち着けます。
透明なお湯にうっすら硫黄の湯花が浮かび、掛け流しのサラリとした湯質にとても満足


 


     貝掛温泉 

南魚沼郡湯沢町三俣686
025-788-9911
ナトリウム・カルシウム 塩化物泉 弱アルカリ性低張性温泉
37度
平日 1000円 土日祝1200円
白内障・眼底出血、ドライアイ・眼精疲労など、眼病に効くそうです。




ふわっとした浴感が気持ちよい

★★★★☆

国道から宿への道へ進むと、とても狭くすれ違うことができない場所もあり、運転はドキドキもの。さらに、貝掛橋という橋を渡らないと宿に到着できない。(これも狭く、マイクロバスの車幅までが限界)
これって不便じゃ?という考えがよぎるも、食事と温泉がパックの日帰り団体のお客様がつぎつぎとやってくる。

脱衣所も内湯も広く、おしゃれな造り。浴そうには自噴の温めの湯が滔滔と溢れている。露天は小さめですが、内湯より少し加熱してあります。
目の温泉ということで飲泉コーナーで、目を洗ってみる・・刺激なくてやさしい感じ。

微かに甘いような、少し出汁のような味、
ぬるくて肌触りがふわっとする
 ふわっとするのは泡つきが良いせいで、じっくり入ると体に、どんどん泡がついてきます。
湯温が低いため、加温された小さい浴槽もあり、行ったり来たりして体を暖めながら長湯しました。


湯質も良く、宿泊には快適と思われる宿ですが、日帰り入浴ということでいうと、お風呂あがりにもうちょっとゆっくりできる雰囲気だともっといいなとおもいました。。


 


この橋を渡る。橋の幅が狭く怖い

   
   


三国峠温泉 峠の湯


南魚沼郡湯沢町三国378
025-789-2012
カルシウム硫酸塩泉(アルカリ性低張性)
1000円(タオル持参で800円)




★☆☆☆☆

スキー客・団体向けに面白い施設。

共同湯風の建物があるのでそこへ向かったが、入り口は閉まっており(休業日とは書いていない・・)
宿の方からどうぞと書かれていたので、御宿 本陣という宿の受付へ。峠の湯と内湯、両方入って良いとのことでした。共同湯風の所の入口はなんのため?(しつこい)

お湯の質で言えば、
宿の内湯のほうが、浴槽の大きさと注がれる湯の量がちょうど合っているようで、お湯のよさを感じ取れると思いました。無色透明、さっぱり系の湯。宿の規模のわりに内湯とそれに続く露天は小さいので、離れを作ったんだろうという結論を勝手に出しました(笑)

共同湯風の建物は、露天のみと洗い場があるという造りで、団体やスキー客向けに、サッと、ひとっ風呂あびるにはよいのかも知れないと思いました。

 
 離れ?外湯の、露天・洗い場・脱衣所

脱衣かごの数がやたら多い。団体むけなのか・・やはり


    栃尾又温泉 

新潟県魚沼市湯之谷栃尾又 
025795-2211
単純放射能泉(低張性アルカリ性温泉) 
大浴場「冷泉の湯」共同浴場 
貸切内湯3
(たぬきの湯、うさぎの湯、露天:うけづの湯)

日帰り入浴は食事を頼んでのコース
(お風呂のみは不可)
お膳コースやお弁当コースなど、申し込みして入浴




山中のラジウム温泉

★★★☆☆

ラジウム泉の飲泉(味は無味無臭で普通においしい水)がロビーや客室のポットにも用意されてある。
お湯はとにかく温いので、じっくりじっくり入らざるをえません。加熱した小さい浴槽はあるし、
貸切内湯も加熱して熱めにしてあるが、温いのが本来の湯なのだと思うとそっちでじっくり入るのが体のためには理にかなっているのでは、などと?と考えを巡らせる。。



貸切は時間割のようなのがあるので予約して時間になったらカギを受け取りに行って入るシステム。もちろん貸切なので落ち着けるのですが、時間を考えてやりくりするのも疲れて、貸切の露天は入らず。結局一番よかったのは朝女性用となる、「したの湯」が最高でした。
食事は安いプランだった割には、満足感あるものでした。
玄関やロビーなどは民芸調でおしゃれで雰囲気よいですが、時節がら節電のためか、使われていない部屋のほうが暗すぎたりするのが、寂しげだなと思った
 
 
上の湯
内部の写真は撮れませんでしたが
タイル貼りの共同湯風の浴室です
 


たぬきの湯
 
部屋にも用意されてる
冷えたラジウム泉
 
鴨なべ
 
鮭のホイル焼き(味噌味)
岩魚の塩焼は骨までしっかり焼けてて旨かった
 
朝食
ラジウム温泉納豆つき
 

下の湯へは長い階段を下りていきます。
   
 したの湯
ここが一番見晴らしも風情も落ち着けました。
湯温はここも温いですが、小さい一人サイズの熱めの浴槽もある。

ほかほか湯めぐり