青森県内の温泉   津軽方面1 津軽方面2 津軽方面3 津軽方面4 南部方面 下北方面 
青森市内

秋田県の温泉
  岩手県の温泉  山形県の温泉  福島県の温泉  北海道の温泉 

 宮城県の温泉

エリア 温泉名 外来入浴の感想・おすすめポイント 料金など
栗原郡
花山村
 湯の倉温泉

地震による被害に遭い、水没する様子も報道されました。 
 
湯の倉温泉は歩いて辿り着く山の中の一軒宿で、電気の無い「ランプの宿」です。
ランプの灯りでのんびりと過ごし、渓流の景色と露天風呂を心ゆくまで楽しむ そんな山の宿です。
渓流はとても景色が清々しく 日帰りでハイキングがてら訪れ川で遊んでいる家族連れも見かけました。
栗原郡花山村本沢岳山1−8
0228-56-2878
ナトリウム塩化物泉
外来500円 10時〜15:00
 
蔵王町  遠刈田温泉
  壽の湯
建物がとってもりっぱ。
共同湯・温泉を大事にしているということが伝わってくるような・・気合いの入った素敵な和風の外観。

湯船には熱めのお湯がかけながされていて、シンプル・素朴な雰囲気が妙に落ちつきます。
蔵王町遠刈田
共同湯

単純泉
250円
 
5:30〜7:00
9:00〜22:00
仙台市
 太白区
 秋保温泉
  共同浴場
建物のみ
3人も入ればいっぱいの小さい湯船に熱くて透明で程良くツルっとしたお湯が掛け流し。周りの巨大ホテルに圧倒されますが、私はここの共同湯のお風呂だけで満足。巨大なお風呂・循環にハシリがちな状況の中、共同湯だけでも泉質そのままで在り続けてほしい
仙台市太白区秋保町湯元
022-398-2774
食塩泉
共同湯前は眼の悪い方が通るので駐車しないようと書かれてある。
300円 7:00〜21:00
鳴子町 鳴子温泉共同湯
 滝乃湯
温泉街の大きいホテルの並ぶ近くにあり、浴衣で訪れる人も多い風情のある共同湯。お湯も硫黄泉が豊富にそそがれ、とてもいい湯です
外観同様に、脱衣所も浴室も木の風合いが良く、お湯の良さをさらに引き立てているよう。
鳴子町共同湯

含明礬・硫黄 硫化塩泉
150円
7:00〜22:00
※シャワー・カラン無し
鳴子温泉共同湯
 早稲田桟敷湯
コンクリート打ちっぱなし・オブジェ・シンプル・モダン・ここは美術館?新しいタイプの共同湯。 
硫黄も含むお湯ですが、樋に湯花がたまっている程度で、ほぼ透明なお湯です。
観光客も多いですが、シャワー・カランの使い勝手が良いせいか地元の方の利用が多い。
鳴子町共同湯
0229-83-4751
含食塩 芒硝泉
500円 
※夜8:00過ぎに行くと300円に安くなる
7:30〜22:00
 東多賀の湯
 (鳴子温泉)
新しいこじんまりした湯治宿。浴室は4人くらい入れる四角い湯船が一つのみですが、床も湯船も木で白いお湯が溢れる。カランなどは一切無く、洗い場にお湯のそそぎ口が一つあり お湯がそのまま床に流れるので洗面器で受け止めて使用するスタイル。そんな湯治場の風情が好きだなあ!小さいながらもじっくり効きそう。「ガスが出ているので絶対に窓を閉めないように」と書かれ、窓のほかに換気の空気管が壁にいくつも空いていて、それだけに力強い温泉という印象を持ちました!皮膚病に効くと評判だそうです。 鳴子町字新屋敷0229-83-3133
含硫黄・ナトリウムカルシウム・硫酸塩泉 
男女別内湯各1
シャワー・カラン無し

※混んでいた&湯気もうもうの為に写真は撮れませんでした。
 姥の湯旅館
 (鳴子温泉)

4種類の泉質がありますが、私は混浴の露天と女性用の硫黄泉に外来入浴しました。
露天は塀に囲まれていますが岩の配置と木々で雰囲気は良い。
女性用の硫黄泉の内湯がとても気にいりました、いたってシンプルなんだけど硫黄分で木の床もうっすら白く染まった感じがいい、シャワーカランなど無いけど温めのお湯でずっとのんびり浸かっていたかった。
鳴子町字川原湯65
0229-83-2314
・含硫黄、ナトリウム、炭酸水素
・硫酸塩泉(含芒硝・重曹泉)
・重曹泉 ・単純泉
400円 10:00〜16:00
 水明荘
 (鳴子温泉)
民宿風な家庭的旅館。
お湯は他の鳴子の温泉の濃さと比べると
さっぱり系とも思えてしまうアルカリ硫酸塩泉ですが 
熱いお湯が掛け流しになっていて 水を自分で入れて調整するほど、かなりしっかり熱いお湯が掛け流し。肌に良さそうなスッキリする温泉です。シャワー・カランは一つありました。
鳴子町新屋敷74-1
0229-83-2114
500円 
アルカリ性硫酸塩泉
男女別内湯各1
500円 10:00〜15:00
 東川原湯旅館
 (鳴子町)
2つの泉質のお風呂がある。
外観は一見、、洋風の新しい感じですが中に入ると脱衣所などは結構古さを感じさせられる・・
アットホーム系な宿という感じでしょう。硫酸塩泉のお風呂がなかなか、よいお湯で体を洗うにもスッキリ。
鳴子町河原湯42-1
0229-83-3024

・硫酸塩泉
・硫黄泉
男女別内湯各1 混浴内湯1
 ゆさや旅館
 (鳴子町)
「うなぎの湯」の名のとおり、ぬるぬるしたお湯が自慢の鳴子の老舗、古いお宿です。大浴場と小浴場。時間で男女入替えみたいだけど、空いていれば申し出れば大浴場に入浴可となる場合有り。
かけ流しのお湯は熱めで、さらにヌルヌル感が熱さをキープするのだろうか?と思うくらい熱かった 
鳴子町字湯元84 
0229- 83-2565
含芒硝-硫黄泉
500円
12:00〜15:00
男女別内湯各1
鳴子町
 中山平
 琢秀   
 (中山平温泉)
うなぎの湯・ヌルヌルで有名な、かなり瀟洒な建物の宿。外来客が多くて、案内担当と思われる従業員が浴室の場所を丁寧に説明してくれた。内湯は使い勝手の良いシャワー・カランの有る浴室、そこから広い混浴露天へ出られるようになっている。内湯はわりと小さめなので露天の広さはうれしい。
お湯は透明(緑がかって見える)でヌルヌル感のある皮膚病に効く、よいお湯でした。茅葺きの屋根のかかった男女別の露天がのんびりできておすすめ。
鳴子町字星沼20-9 0229-87-2216
硫酸塩泉

800円 10:00〜15:00
男女別内湯各1 
男女別露天各1 
混浴露天1
東蛇の湯自炊部
(中山平温泉)

ヌルヌルしたお湯と、渓流露天風呂のある湯治宿です。
内湯も露天も混浴、脱衣所は男女別だがガラスは透明で・・・・。 
お湯はほぼ透明(ちょっと黄色いかな)に茶色っぽい湯花らしきものが混じっていた。
ヌルヌルした感じのお湯で まったり適温だな〜
鳴子町字星沼6-1
0229-87-2323
含硫黄 ナトリウム炭酸水素塩泉 
300円 10:00〜17:00
内湯・渓流露天
(どちらも混浴)
鳴子町
 東鳴子
 高友旅館
 (東鳴子温泉)

めちゃくちゃ濃い、印象の湯治宿
きっと効能は確かなのでしょう!
建物自体も古く歴史を感じるが、天然ラジウム泉など4種類の泉質の違うお風呂がたくさんあり、どれも濃い!硫黄の匂い!油臭!クラクラきそう〜〜でした。
のんびり訪れるというのではなく、湯治宿に治療に行くぞっ、という気合いがいるような気がした
鳴子町大口字鷹ノ巣18
0229-83-3170
・鉄泉ナトリウムカルシウム炭酸水素
・含硫黄ナトリウム炭酸水素塩泉
・含土類、重曹泉
・単純泉  500円
 旅館 大沼 
 (東鳴子温泉)

外観に派手さはないが一歩入るとすっきりとした和風のオシャレなお宿。お風呂が8つあるそうですが、宿泊しないと入れないものも。
混浴の「薬師千人風呂」は壁は天女の絵の壁画になっていて個性的・レトロな感じにひたる・・。肌に良い重曹系のお湯で満足!
鳴子町大口赤湯
0229-83-3052
・純重曹泉
・含食塩芒硝重曹泉
500円 11:00〜14:00

鳴子町
 鬼首
 峯雲閣 
 (鬼首温泉郷)

ここは露天風呂(混浴)と、露天風呂のそばを流れる川自体が温泉となっているのが人気。
さすがに川なので水量や温度によって、入れない時もあるようです。私が行った時は温めのほんわかした温度で気持ち良かったです。回りの木々の緑も鮮やかで野趣満点!なんだか楽しくて、へらへら笑ってしまいました。
鳴子町鬼首吹上16 0229-2243-2501
塩化物泉
500円 10:00〜13:00

男女別内湯各1 混浴露天1
 とどろき旅館
 (鬼首温泉郷)

ここは混浴の露天がわりと大きめです。
岩風呂風になっていた。行った季節が中途半端で景色の良さを実感できなかったが 紅葉の時とかがいいかもしれません。
お湯は透明で眼病に効くというやさしいお湯。
内湯が想像以上に渋くてびっくり
鳴子町鬼首字轟1
0229-86-2311 
単純泉 
500円 10:00〜14:00
男女別内湯各1 混浴露天1家族風呂1
ほかほか湯めぐり 外湯めぐり