九州 > 長崎県 > 有玉・小浜・雲仙

 ほかほか湯めぐり 日帰り温泉
 
 九州の温泉 長崎県

 このページは温泉巡りの旅で訪れた、日帰り入浴可能な温泉の記録です。

長崎県の温泉 Menu
有玉温泉
 マルマサ
小浜温泉
 脇浜共同湯
 浜の湯
 海上露天 波の湯 茜
 旅館 國崎
雲仙温泉 
 小地獄温泉館
 新湯共同浴場
 湯の里共同浴場

 有玉温泉


マルマサ温泉


長崎県島原市有明町湯江甲440-1

0957-68-5588
ナトリウム炭酸水素塩
低張性弱アルカリ 37.6℃
12:00〜9:20 月曜定休

300円





 
  ツルツルしっとりの名湯

諫早から電車で約1時間、最寄駅の島鉄湯江駅で下車。
無人の駅を出て、すぐ目の前に目指す温泉が!
地元の水産会社の温泉。従業員の憩いの場として設けられたものが、今では町の憩いの場となり、そして私のような観光客も立寄る。

外観は普通の温泉銭湯風で、男女別の浴室のほかに広い休憩スペースがあり、ゴロリと寛ぐことができます。

浴室には大小の浴槽があり、小さい側に湯口があってドバドバとそそがれている。二つの浴槽はつながっているので、お湯は同じですが、湯口に近い側が熱いのだろうか?と思って入ってみたが、さほど温度は変わりなかった、湯量があるので大体同じ温度で全体に行き渡っているって感じなのです。

肌触りが肌になんともいえずシットリします。
すごくツルツルとかヌルヌルとかは他にもよくありますが、ここはそれとは感覚的に何か違う!ツルツルに加えて、ほどよくまとわりつく感じでシットリなんです。
こんな浴感は初めてで、できる限りゆったり ずっと入っていたい湯です

※浴室の写真はありません


女湯から男湯の天井部分が見えるのですが、女性用浴室が正方形に近いくらいの型でかない広いのに、男性側は幅が女湯に比べて1/3ぐらいの幅?!
浴室の形がL字型とか変形なのか?と思いましたが・・
後で受付で聞くと女湯が断然大きいのだそう。男湯はすごく細長い長方形。 


外の飲泉がお湯の確かさを物語る。
しっとりする湯は特に女性受けが良さそう
電車を途中下車して、立寄るだけの価値がある、地元に根ざした温泉です。
 小浜温泉
島原半島の西側、温度100度の湯が豊富に湧き出す、歴史ある温泉地です。

諫早から1時間、長崎からも1時間半ほどの立地で、穏やかな海と温泉を満喫。
さらりとした塩ヶのある湯が身体を芯からじっくりと温めてくれます





脇浜共同湯(通称:おたっしゃん湯)

長崎県南高来郡小浜町南本町8
0957-74-3402
食塩泉・97度
150円
6:00-21:30 無休


  民家?いいえ共同湯です


なんと言っても激渋の共同湯です。場所のわかりにくい秘湯なのかと思いながら行きましたが、訪れる観光客も多いようで、近くに道案内的な看板も出ているので、さほど悩まず到着しました。

外観はどう見ても古い民家。いまにも壊れそうに見えて、中はどれほど古いのだろう?と、そういう意味でドキドキします。
ですが、中は昭和初期の面影も残しつつ、意外と浴室の天井が高かったり、石造りの浴槽はとりあえず頑丈そうで、壊れそうっていうほどでもありません。
それでも超激渋な事には変わりありません。


浴室の真ん中に浴槽が前後に二つ並んであります 奥が温め、手前が熱め、温度は湯量で調節されていました。

湯量はけっこうあるのですが、とっかえひっかえ、地元の人が次々と訪れるので、奥の温い浴槽内は多少お湯がくたびれて、汚れが目立っている状態。手前の熱い浴槽の方が熱くて人があまり入らないせいか、クリアな感じが保たれておりました。
ジリリと熱いけど快適な感じで入浴しました。

昔ながらの構造でシャワーはもちろん無し、洗い場ではカランから出た湯をバケツに一度溜めて、そこから汲むような方式で皆さんが髪とかを洗っていました。


町営 浜の湯
長崎県南高来郡小浜町北本町25-19
0957-74-2111
140円
6:00-21:00 毎月1・15日休





 海沿いの共同湯
 サッパリするナトリウム泉






海沿いの道路沿いにある共同湯、普通の温泉銭湯というような構造ですので、もちろんシャワーカランあり、使い勝手良。

浴槽にかなり熱めのままの湯がドバドバ注がれていて、うっかりさわり火傷しそうでした。温度調節済のものを注ぐのではなく、直接、熱湯に近い温度のまま浴槽にそそがれ、となりに並んだ同じような蛇口から水も勢いよくドバドバでています。

浴槽は熱めとぬるめの二つにわけてあり、塩ヶがありますが、べたつきなく、さっぱり爽快感のあるお湯です。


温泉街のホテルから海沿いへと散歩しながら、場所も悩まずに行けます。
午前中から混んでいてかなり賑やか、ほぼ町民の常連さんのようでしたが、観光客にも利用しやすい共同湯です。

海上露天風呂 波の湯 茜
長崎県南高来郡小浜町北本町
ナトリウム-塩化物泉
300円
7:00-20:00
(平日の10:00〜13:00時は休) 無休



 
波をかぶりそうな
 テトラポット前の湯



海上というか、テトラポットのすぐ前にある露天風呂
高い波の日は入れないかも知れませんが、ここまで海に近く、海面の高さにも近く、海に向かってオープンな共同湯は珍しい。
男女別の露天があるのみで、内湯はありません。
シャワー・カランはありますが、サッとかけ湯するためのもので、シャンプーや石鹸利用は不可です。

適温の透明の塩化物泉、あまり熱すぎない温度だったので、潮風をうけながら、のんびり長湯できました。。
茜の湯という名のとおり夕日の時間が一番素敵なのですが、残念ながらその時間を待ちきれず、夕日は見逃してしまいました。
海沿いに こういう観光スポットを造ってしまうところに、町の努力がうかがえます。







 旅館 國崎



長崎県南高来郡小浜町南本町10−8
無色透明 微硫黄臭PH7.8 
96℃

日帰り 〜20:00 繁忙時は不可
500円
貸切りは1000円



 
親しみのある和風のお宿



新しい建物でこじんまりした和風の素敵なお宿です
客室数はあまり多くないですが、手作り感のある、アットホームな雰囲気

お風呂は男女別の内湯に加えて家族風呂があります
塩気のあるサラリとした湯が気持ちよくかけ流しとなっています。
お湯が熱めでも、ジリっとするような強さがない為 とても入りやすいお湯で、肌にほどよく馴染むタイプの湯なので、寒い時期にじっくり入るのに適しているように思いました。
食事も一つ一つ丁寧に造られており、特に海の幸の新鮮さが活かされてあって美味しかったです。

小浜は家族風呂を設けているところが多いのですが、ここも家族風呂があり、露天も貸切りのタイ
プになっていました。


内湯
玄関付近
民芸調、手作り感のあるお宿
玄関横の談話室
籠に入ったお茶道具と 温泉饅頭が用意されていました、ホッと落ち着けるひととき。

海の幸が新鮮!   お造り・ゴマ豆腐
笹の葉にのっているのは ふぐ・一口サイズの巻き寿司



鯛・・美味かった・・


こちらは朝食です  おとうふ・さつま揚げ他
朝から温かい食事でうれしい

貸切り湯は三つ

利用中の所は電気がついていて
廊下からもわかる仕組み




露天(月光の湯)
露天も貸切りです。

ひのき湯
木組みの雰囲気ある浴槽


石湯


雲仙温泉
雲仙地獄の湯けむりが漂う温泉街に
旅館・ホテル・共同湯が立ち並んでいます


足湯

焼きたて¥50円の湯煎餅

石の窪みに温泉:「指湯!」

寒ざらし

地獄そうめん

小地獄温泉館
長崎県南高来郡小浜町雲仙500-1
0957-73-2351
単純硫黄泉・41度
400円
9:00-21:00 無休
男女別内湯2




 しみるような青白い湯




賑やかな温泉街からは少し離れた場所にあります。近くの宿の外湯として造られた施設ということですが、現在は建替えられていて、比較的新しい施設。
脱衣所などはこじんまりしているものの、八角形の浴室は観光気分も満喫できる凝った構造です。

しっかりとした白い湯。硫黄がじんわり肌にしみるような感覚があります。
浴槽は熱めと、温めの二つにあり、打たせ湯もあり、ドバドバ注がれていて気持ちよい。
シャワー・カランもあり使い勝手も良い。
無料の休憩所もあり、お弁当などを注文できるので 近隣住民も多く訪れており、ゆっくり過ごすには快適そうでした。




八角形なのが
お解り頂けるでしょうか?


新湯共同浴場
長崎県南高来郡小浜町雲仙
酸性硫化水素泉
100円
9:00-23:00
休:水曜
内湯男女別各1


 観光スポットにある
   渋めの共同湯

新湯というので、新しいかと思いましたが、かなり懐かしい風情の共同湯です。無料の駐車スペースは3台分、この他に有料の駐車場が目の前にあります

中は昔ながらの温泉銭湯風、脱衣の木製ロッカーや貴重品入れも、とてもなつかしい感じで、レトロな印象。

透明で少し硫黄が漂う湯です、濾過しているかもしれませんが、サラリとした硫黄泉で感触がよい。
かなり熱めで、はじめジリリとしますが入ってしまうと どうにか慣れるタイプの湯です。
浴槽は深めなので、ちょっと中腰の姿勢で入らなければなりません。
脱衣ロッカーの他に貴重品入れも大きさ別でいろいろあって面白い↑


湯の里共同浴場
長崎県南高来郡小浜町雲仙
303番地
酸性含鉄 含アルミニウム
硫酸塩泉
44℃ ph.2.3
100円
9:00-23:00
無休
男女別内湯各1


 地元に根ざした
 雰囲気のよい共同湯

ホテル・みやげ物店の通りより、ちょっぴり住宅街側にあり、地元の町の雰囲気を感じとれる共同湯、地元に根ざした感じがとてもよい。

小判型の浴槽が真ん中にある。
いつもは温いと聞いていたのですが、この日は湯温が熱めでした。
わりと透明に近い緑がかって見えるお湯でしたが、降った雨の量が影響するようで、色もいつもよりは透明だと常連さんが教えてくれました。
本来は白い湯の花が舞っているとの事です


ほかほか湯めぐり