青森県内の温泉  津軽方面1 津軽方面2 津軽方面3 津軽方面4 南部方面 下北方面 
  青森市内 
 
秋田県の温泉
  岩手県の温泉  宮城県の温泉  山形県の温泉  北海道の温泉


 
エリア 温泉名 特徴・感想・おすすめポイント 料金など

福島市
土湯温泉
 不動湯温泉 土湯温泉街からさらに山の方に入っていく山間の一軒宿です。泉質は3種類あり、鄙びたふるめかしい感じで渋いです露天は白い湯花がプカプカ卵スープ状態で浮いていて、2人入ればいっぱいサイズの混浴なのでタイミングよく誰も入って無い時を狙って行かないといけません。野趣あふれる雰囲気はなかなかです。 福島市土湯温泉町字大笹25
0245-95-2002
・単純泉(羽衣の湯)
・単純炭酸鉄泉(常盤の湯)
・硫黄泉(露天)
外来入浴 500円
 10:00〜15:00
 新野地温泉
  相模屋旅館
男女別の露天には くねくねした木道を通って行くのがとても印象に残る温泉。女性用は男性用より高い位置に造られていて 木の塀で囲まれていますが、開放感があります。とてもハッキリと白い熱めのお湯が掛け流されていました。 福島市土湯温泉町野地2
0242-64-3624
単純硫黄化水素泉
500円
内湯各2・露天各1
福島市
飯坂温泉
鯖湖湯(さばこゆ)
飯坂温泉共同湯はかなり熱い!激熱!
昔ながらの共同湯のスタイルを絶対曲げず、熱いお湯が掛け流しでそそがれています。体にビリッとくるほどの熱さで何故かイタタ・・と言いながらお湯につかってしまいました。鯖湖湯を含め9つの共同湯があります
福島市飯坂町
単純泉
定休日:月曜
共同湯 100円
6:00〜22:00
福島市
高湯温泉 
   旅館 玉子湯 鄙びた印象を持っていたが 行ってみると予想とは違って、かなりな大旅館だった。
団体客が大勢いて圧倒されたりもしましたが、
茅葺きの内湯(外湯・玉子湯)は、源泉のお湯の確かさも感じられて とても満足
福島市町庭坂字高湯7
024-591-1171
硫黄泉(含石膏明ばん硫化水素泉
500円
外来10:30〜15:00
 あったか湯
高湯温泉共同浴場
高湯温泉観光協会内  温泉は地区内旅館と同じ、自然湧出の硫黄泉、 お風呂は露天風呂のみ湯船から溢れ出る湯はかけ流しで湯量があり新鮮な湯質が感じられて気持ちよい。男湯・女湯・貸切湯の3つがあります。  高湯温泉観光協会内 024-591-1125
9:00〜21:00
酸性・含硫黄(硫化水素型)−アルミニウム・カルシウム硫酸塩温泉(硫黄泉 42℃〜51℃
会津若松南会津     ドライブ温泉
芦ノ牧おみやげセンター
おみやげセンターの湯。鄙びた雰囲気です。湯は石膏泉、入ってみると、まぁまぁ肌馴染みのよい単純泉に近い浴感です。さっぱり系なので、ドライブの疲れをとるにはいい。 福島県会津若松市大戸町芦ノ牧
含食塩ー石膏泉
無色透明  400円
弥五島温泉 
郷の湯 

新しい温泉日帰り施設 看板には堂々と源泉かけ流しと書いてあります。
サウナなど無くシンプルな造り。

肌触りのよいさらりとしたお湯が浴槽からあふれ清潔感もある。ちょっと温めの入りやすい温度、露天もあり。
南会津郡下郷町大字弥五島字和田563
0241-67-4710
会津鉄道弥五島近く
300円10:00〜22:00
休:第一・第三水曜 
岩瀬郡   二岐温泉 
大丸あすなろ荘
場所は山奥ですが、建物はりっぱで、秘湯という感じじゃないような・・・?。お風呂は露天付の大浴場 子宝湯(内湯と露天) 自噴泉甌穴風呂などお風呂の種類が多い、お湯は透明でカルシウム分が感じ取れる湯。
岩瀬郡天栄村二岐
0248-84-2311
カルシウム硫酸塩温泉(石膏泉)
11:00〜14:30
735円 
ほかほか湯めぐり 日帰り温泉