青森県内の温泉  津軽方面1 津軽方面2 津軽方面3 津軽方面4 南部方面 下北方面 青森市内
 
秋田県の温泉  岩手県の温泉
  宮城県の温泉  山形県の温泉  福島県の温泉
   
     道南  道北  道央(上川支庁) 後志支庁  胆振支庁  道東
エリア 温泉名 特徴・感想・おすすめポイント 料金など
道 南
函館市

旧南茅部町
谷地頭温泉

 
 
市電谷地頭終点近く。センター系なのですが、お湯は赤茶がかった黄土色で熱めの湯が豊富に使われている。温度別に3つの浴槽に仕切られており、カラン・シャワーは数え切れないほどズラーっと並んでいて、使い勝手のよい施設です。年齢を問わず老若男女の客層で人気のある施設。露天風呂もあり、屋根もかかっていて 形が星型を思わせる五稜郭型になっています。 函館市谷地頭町20-7
0138-22-8371
ナトリウム塩化物泉
64.4℃

370円
6:00~21:30
休:第二、第四金曜
 日の出湯


※残念ながら
廃業

市の植物園の向かい、古い銭湯の面影を残す、昭和ムード漂ういい感じの温泉銭湯です。雰囲気は鄙びてるけど、上下に2つの浴槽にはかなり激熱の湯が注がれていた。湯口には砂袋状態の布が置かれ、それで湯量・温度が調節されるらしかった。湯は透明で白い湯花がうっすら混じり、うっすら硫黄の香りもする。浴槽には堆積物がこれでもかというくらい石灰化して浴槽の縁の形がこんもり丸くなるくらいくっついています、浴室に入ってまず何よりこの白い浴槽にびっくりすることでしょう。。 函館市湯川町3-2-17
0138-57-8692
含重炭酸土類石膏食塩泉
65℃  浴槽2
370円
 6:30~22:00

休:火曜
 根崎湯

上記の、日の出湯となりの温泉銭湯、外観がアパートっぽい。お湯は日の出湯と似ている気がするが、源泉が違うのか濾過してあるのかちょっとサッパリ系の食塩泉。5人程度入れる浴槽が一つで、規模・設備からしてシンプルな共同湯という所。使い勝手は普通なので日常的に利用するには十分だと思いました。 函館市湯川町3-3-30 0138-57-6997 ナトリウム・カルシウム塩化物泉
64.8℃ 浴槽1
360円
 6:00~22:00 

休:月曜
 大盛湯

新しくてキレイな建物で、広めの洗い場と浴槽のみの町の銭湯。沸かし・ろ過無し、湯温を調整してそのまま注いでいるとのこと。浴槽が三つ並んでいて、右の浴槽が激熱で、真ん中の浴槽、左の浴槽へと流れ込むうちに少し温くなる。お湯は無色透明・うっすら食塩を感じる非常にさっぱりする湯です http://www.taiseiyu.com/index.html 函館市湯川2-8-23
0138-57-6205
食塩泉
370円 6:00~23:00
休:第1・第3・第5水曜

路面電車は湯川下車
旧南茅部町
南かやべ保養センター
(上の湯 )


日帰り温泉の「保養センター」と、宿泊施設の「ひろめ荘」が隣り合って建ち、中でつながっている公営温泉施設。浴場を平成19年4月リニューアル。内湯と露天は泉質の違う湯でものすごく得した気分になれる。内湯は一般無色透明な肌なじみのよい湯(重曹系)、露天は熱めの湯と 温めの湯の二つの浴槽に白濁した硫黄泉が注がれている、湯の花が舞っていますが、匂いはきつくなくサラリとした感触。 函館市大船町832
0138-25-3749
内湯:ナトリウム塩化物、炭酸水素塩泉
露天: 含硫黄ナトリウム硫化塩泉
バリアフリー・サウナ・寝風呂・ 露天風呂
400円 10:00~21:00
偶数月の第3水曜休
旧南茅部町
大船温泉
下の湯

湯小屋の温泉です、個人のお宅で管理しているので、持ち主の家に行き入浴料200円を支払って利用させていただきました。マナーの守れる方のみ利用して欲しい温泉です とても古い鄙びた雰囲気、湯船はコンクリート製と思うが 湯の花が堆積してついていて激渋。湯は白濁ですがわりと透明感あり感触もしっとり。硫黄が香りますが、うっすら油臭もあり 温泉らしい本格的な湯と言える。 函館市大船町

200円
8:00~21:00 
シャワー・カランは
ありません。
八雲町

渡島支庁

旧山越郡八雲町

 
銀婚湯

最寄駅 落部から山に10kmほどのところにある渓流沿いの一軒宿。日帰り入浴では外の家族風呂露天は利用できないですが、内湯と内湯に続く露天がかなり大きいので それだけでも満足感があります。
巨大な岩風呂の内湯は20人は入れるほどの大きさ。
無色透明に近い湯ですが ほんのりした油臭が漂い、多少の鉄っぽい金ヶと、甘しょっぱい味がします。特に肌触りは かなりツルツルしっとり感があって気持ちよい美人の湯。
八雲町上ノ湯199 
0137-67-3111
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉 
男女別内風呂+露天
貸切り湯(宿泊者用) 
いくつか源泉あり混合使用 86℃~90℃
700円 
10:30~16:00
休:月
 おぼこ荘

鉛川沿いにある一軒宿のような雰囲気の温泉施設
宿泊のできる建物と日帰りの施設があります。内風呂も露天も岩風呂風になっており、黄土色に濁った熱いお湯がそそがれています。
露天風呂の方が金ヶが少し強い。いずれも よくあたたまるお湯が溢れています。露天は川に面した、広くてゆったりしたロケーション。
無料の畳の休憩スペースもゆったりした広さです。
H17年より民営
八雲町鉛川622
0137-63-3123 
露天:ナトリウム・カルシウム炭酸水素塩・塩化物泉
内湯:ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉
380円 不定休


檜山支庁 
せたな町
   
湯とぴあ臼別

 Photoへ
国道229から、くねくねと山の中へ。臼別川渓谷沿いにある木造の共同湯風の温泉、半露天風の内湯と露天は少し白濁した熱めのお湯が静かにそそがれています、山の中だけに浴槽には、かなり葉っぱも浮いていてワイルド系、、紅葉の時期は素敵でしょう。加水(清掃用)の蛇口はあるが、その他の設備なし  せたな町大成区平浜
問合せ先01398-4-5511
7:00~19:00
冬季不可
含石膏、食塩泉(53.4℃)清掃協力金100円
 道 北  上川支庁
上川郡東川町
勇駒別
旭岳温泉
   ゆこまんそう
湯元
湧駒荘
  

 Photoへ
炭酸水素塩泉「アルカリ金属」や緑ばん泉「鉄他、5つの源泉をもつ、お湯自慢の宿
色はどれも薄黄土色がかった湯で、33℃の温めから42度程と温度もそれぞれ違う。外来1200円は高いと思いましたが、無料休憩所も使い一日過ごすのであれば元がとれると思う。ここは秘湯というイメージではなく、団体の受容れ可能な大きな温泉ホテルという印象でした。http://www.yukoman.jp/goaisatu.html
宿泊料金は季節によるプラス料金が4種類あり、時期によってかなり違うので電話等で確認したほうがよいと思われます。
上川郡東川町
勇駒別旭岳温泉
0166-97-2101
男女別内湯・男女別露天
ボディシャンプー、リンスインシャンプー備付
1,200円
11:00~16:00(受付) 無料の休憩所は11:00~15:00

ロッジ
ヌタプカウシペ


自然に囲まれたロッジ アイヌ語で大雪山という名のロッジです。外観は本格派ログハウスという感じで頑丈な印象、中は床も裸足でオッケーの木のぬくもりが気持ちよい宿です。すべてセルフの宿ですが、その分リーズナブル。食事は地の物を中心とした家庭的なメニューですがボリュームはけっこうあります。お風呂も手作り風で、露天はオープンな雰囲気で自然を満喫でき 清々しい透明なお湯が心地よいです。 上川郡東川町勇駒別旭岳温泉
0166-97-2150
男女別内湯各1
露天風呂1
外来 500円
 12:00~17:00
 道 央  上川支庁

空知郡

上富良野町
大雪山国立公園
十勝岳温泉郷
湯元凌雲閣

十勝岳温泉の最上部にある旅館です。露天から十勝岳連峰の紅葉を見る事ができました。内湯と露天風呂があり タイル貼りの内湯はジャグジー付き、少し緑がかった黄土色のお湯は熱めで 湯舟や床が茶色に染まっていました。露天の湯は一見、茶色に見えますがほぼ透明な感じのものに湯の華がたくさん浮いている
空知郡上富良野町十勝岳温泉
(0167)39-4111
・酸性、含鉄 アルミニウム、カルシウム硫酸塩泉
・カルシウム、ナトリウム-硫酸塩泉  54.6℃
男女別内湯、男女別露天
800円 8:00~20:00
吹上温泉保養センター
 
白銀荘
外観も中も、普通のセンター系の温泉施設という感じですが、ここは特に露天の広さに驚いてしまいます、とにかく広い岩風呂露天で、温度別に4つに分れています。内湯にもひととおりの設備が揃っているので使いやすく、常連と思われる方々もたくさんおられました。
お湯はほぼ無色透明であまり特徴は強くないが、ここは湯治・会議・登山に利用できる自炊の施設となっていて、安く利用できるので合宿や、旅の中継地点としても便利そうです。
空知郡上富良野町吹上温泉  0167-45-4126
ナトリウム・カルシウム・塩化物、硫酸塩泉
サウナ・寝湯・打たせ湯
露天は男女別浴槽各4と水着着用の共同浴槽有
600円
 10:00~21:00
年中無休
 
上川郡美瑛町
白金温泉
 美瑛町
国民保養センター


  Photo
白金温泉は美瑛町中心から十勝方面へ進む途中にある温泉で、数件のホテルやペンションがあります。この国民保養センターは、この辺りでは一番古そうな日帰り施設で料金も安く、共同湯のような所です。私達と入れ替わるように常連らしい、お年寄りがぞろぞろと来ていて、お年寄りの憩いの場という感じ。。
脱衣所は棚のみでシンプル、浴室は男女別の浴槽が一つずつで、塩ヶのある濁った黄褐色のお湯が注がれていて、温度はかなり熱いですが水道の蛇口があり、加水はしてよいらしい
上川郡美瑛町字白金 
0166-94-3016
マグネシウム・カルシウム=硫酸塩泉・塩化物泉・炭酸水素塩泉・含鉄泉の複
合泉(低張性中性高温泉)
300円
 9:30~20:00 
日帰り施設 
定休月曜
 
千歳市 松原温泉

千歳で黒湯発見!古めかしい感じのする小さな宿で、湯治客と近所の常連さんが主体のような所。浴室は4人いればいっぱい、脱衣所も3人ぐらいでいっぱいですが、湯はしっかりとした温泉らしさがあり、加熱しているもののドバドバとかけ流されていて二つ浴槽に重曹泉と食塩泉の二種類が注がれています。どちらも肌にあたるツルツル感がとても心地よい湯です。黒さは、浴槽の中の段が見えないほど。 千歳市泉郷708
0123-29-2536
食塩泉27.5℃ 重曹泉25.4℃
 浴槽2 シャワー、カラン4
420円8:00~22:00
休業日 第1木曜日
祝梅温泉

千歳空港から近いところにある温泉。火事で焼けたあとに再建。外観はまったく普通の民家、入るとお茶の間のような雰囲気?その奥ではおばちゃんがテレビをみており、料金を渡して浴室へ。浴室は決して広くはなく窓に面した浴槽が一つで、6~7人は入れるくらいのサイズ。手作りな雰囲気がなかなかいいです。お湯の色は黒褐色のツルツルしたモール泉。見た目には真っ黒です。シャワーやカランもあり 千歳市祝梅
300円 14:00~21:00
  後志支庁(しりべししちょう)
ニセコ
 
ニセコアンヌプリ温泉 
ゆごころてい
湯心亭

新しい、中くらいの規模のホテル 湧き出し量が豊富な源泉は56.4度。パンフに源泉をうまく冷まして源泉のまま掛け流していると書いてあった
内湯は4人も入れば、いっぱいの小さなものですが、露天はとってもでっかい。無色透明 サラッとした感触がよく、休憩スペースが広くて日帰り施設としても充分良い。宿泊もお手頃そう。
虻田町ニセコ町ニセコ438
0136-58-2500
含土類ー食塩泉
内湯 露天 各1
700円 6:00~11:00
ニセコ五色温泉
五色温泉旅館

大きな山小屋風の佇まい、新館は少し鄙びた雰囲気です。浴場は二つ、それぞれ内湯+露天があり、「からまつの湯」は造りが渋い重厚な建物。
お風呂の数も多く、観光や、スキー帰りの客を受け入れるのに充分な広さ。
さっぱり系の透明感のある硫黄泉で、味はなくカルシウムっぽい味、硫黄泉なのに匂いもきつくない。
虻田郡ニセコ町字ニセコ510 
0136-58-2707
含フッ素 食塩・硫化水素泉 
素泊まり・自炊棟
男女別内湯+露天、各2 混浴露天(小さめ)
500円 8:00~21:00 休:木

薬師温泉


 Photo&メモ


 
泉質から言うと ここは、はずせません。ので行きました。さて宿の中へ・・むむむ、薄暗い
混浴の内湯(濁湯)薄茶色系の濁り湯 底の石ゴロゴロの隙間からお湯が出ており、
気泡が体をコロコロと転がって行きます男女別の内湯(透明湯)もかなり泡のつく湯。まさに炭酸泉です
磯谷郡蘭越町日の出370
0136-58-3057
重炭酸含食塩泉
300円 7:00~19:00
男女別 各1、混浴 1、混浴露天 1  
湯治かマニア向

鯉川温泉旅館

鄙び感あり!古いです!開業は明治32年。男性用の内湯のほうがいい(元混浴の浴室で渋い!!)女性用浴室は新しく、露天は女性側が景色いいです、滝見の湯:岩肌を流れる滝を眺めながらの入浴、熱すぎず適温です。カルシウムやマグネシウムも含む黄色っぽい濁り湯が滔々と溢れる。 磯谷郡蘭越町字湯の里592 
0136-58-2111
ナトリウム塩化物、炭酸水素塩泉(含土類系です)  500円
 10:00~21:00
男女別内湯・露天
 ニセコ黄金温泉

手作り感、満載の温泉です。 羊蹄山を望める開放的な岩風呂の露天風呂。温めのお湯が掛け流しでそそがれていて、手作りの寝湯や、五右衛門風の一人用露天風呂やら、いろいろと楽しめる。 磯谷郡蘭越町黄金258
0136-58-2654
10:00~21:00
冬季休業

含食塩、芒硝重曹泉
36.7℃ 
百壽温泉 
 清山荘

 
Photo
写真は2007年ですが
その後、休業しているかも知れません
手作りの建物で、素人っぽさのある山小屋風。田舎の親戚の家のようでもある。高校のスキー部合宿にも利用されているそうです。内湯も湯小屋のような風情ですが湯気がこもるので写真はとれず。露天はこじんまりした感じが良く露天からの白樺の林などは北海道っぽくっていい。無臭・微塩ヶ 少し鉄ヶありの濁り湯 磯谷郡蘭越町湯里350-33
0136-59-2871
含鉄・ナトリウム泉
500円 9:00~21:00

男女別内湯・露天
    
島牧村    モッタ海岸温泉旅館


名前のとおり海岸線にある旅館です、民宿風ですが、お湯はかなり個性的かつ本格派。うっすら白濁していて、かなり塩分も濃く、ほのかに硫黄の香も。内湯は熱いですが、露天は内湯からパイプで配湯されていて、ほどよく冷めてちょうどよい湯加減。 島牧村栄浜362-1
0136-74-5336

食塩硫化水素泉・ラジウム泉 47℃ 
500円 9:30~21:00

 胆振支庁(いぶりしちょう)
登別市



白老町




登別温泉
さぎり湯

登別温泉街では、唯一の温泉銭湯。
さすが登別!しっかりとした硫黄泉が掛け流される温泉銭湯です!!
390円だし、駐車場もちゃんとあるし!サウナ、さら湯のジャグジーもあり、設備として申し分ない。
登別市登別温泉町60
0143-84-2050
硫黄泉:酸性-含硫黄-硫酸塩泉(硫化水素型)
明礬泉:酸性・含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)

390円7:00~22:00 無休
虎杖浜温泉
アヨロ温泉

ローカルな雰囲気の海沿いの温泉。休憩スペースはお年寄りで賑わう。タイル貼りですっきりした、広い浴室です。入口付近には 汲んで使うタイプの細い湯溜があり、ここで、汲んで体・髪をあらうも良し、その他にカラン・シャワーも4つくらいはありました。大きな丸い浴槽は適温。4人くらいはいれるL字型の浴槽は熱め、それと寝湯もあり。 すべて掛け流しで快適、お湯のツルツル感が気持ちよい。 白老町字虎杖浜154  0144-87-2822
食塩泉 (緩和性低張高温泉)
¥300  6:00~21:00
 
白老温泉
 宝湯

 Photo
ひっそり隠れるようにある温泉銭湯、番台のある懐かしい銭湯の構造です。渋いです
浴室内にただよう、うっすらした油臭がよい。
そしてお湯は激熱の黒湯。

熱いのが苦手な人には不向きかも知れませんが
なんたって、
熱さが特徴の温泉なのです。
白老萩野 
含重曹 食塩泉

370円 
15:00~21:00 
フンベ温泉

  Photo
湯小屋で、浴槽は一つなので誰でも気軽に入るというタイプのところではございません。 地元の皆様(特に爺)の憩いの場です、マナーは守りましょう。
どうにかこうにか入らせて頂ましたが、想像と違っていてお湯が 炭酸泉!薄めのナトリウム食塩泉・鉄泉。入ってると泡が付く、よい湯でした。
登別市近辺 
重炭酸土類泉

時間:不明
料金は寸志(寄付)

 道 東 1 帯広・音更・上士幌(幌加・糠平)・足寄




帯広市内







音更町










上士幌

幌加温泉



アサヒ湯

帯広市内の温泉銭湯、駅から徒歩15分程度なので車がなくても行ける温泉です。
こじんまりとした佇まいで浴室もけっして広くはありませんが、浴室に入ると ごくうっすらした硫黄臭とモール臭につつまれる。
はじめツルツルした感触がやがて、アワアワぬるぬるした感じに変わってきます。そして、庶民的な雰囲気がなんとも言えず、ほっとさせてくれました
帯広市東三条
アルカリ性単純泉
14:00~11:30
420円
休:第2.4木曜


丸美が丘
温泉ホテル


市街地の高台にある温泉、宿としても宿泊できますが(素泊まり) 日帰り施設として人気がある。
広い大浴場には浴槽二つ。大きな浴槽は20人以上入れる大きさでジャグジーつきで熱め。
どちらもツルツルしたモール泉ですが、泉質が異なります。特に小さい浴槽は38℃と冷たく感じるほどなのですが、ソフトな湯質が気持ちよく、かなりの気泡がコロコロと体にまとわりついて、非常に気持ち良い。
河東郡音更町宝来本通6-2
0155-31-6161
単純泉 弱アルカリ
50℃と38℃ 400円
 10:00~23:30
家族風呂は900円 
2名から1人600円
サウナ(利用時は敷くマットを持参か借りての利用)



幌加温泉
鹿の谷
山奥にひっそりある鄙びた温泉宿 
女湯はほぼ透明ですが、ごくうっすらとした白い濁りがあり、ちょっとだけ玉子味で、金ヶとカルシウムを感じる湯です。
ここは、男性用(混浴)の浴室がとても広く開放的で、源泉の違う3つの浴槽が並んでいます。
上士幌町幌加
01564-4-2163 
宿泊:素泊まりのみ
単純硫黄泉、食塩泉他
男性用浴室(混浴) 女性用浴室露天:混浴の浴室外に露天 500円
  シャワー無し
幌加温泉
ホロカ温泉
休業中
2011年1月より休業古い学校のような洋風の外観、脱衣所も浴室もかなり鄙びています、カランもシャワーもない湯治宿 ここは男湯の浴室が必見です!
硫黄泉と食塩泉があり、元の形がわからないくらいに堆積した浴槽と、床はもう鍾乳洞の地面か!?と思うような棚田風になっています。硫黄泉は、湯口ではうっすら硫黄臭がするものの、ほぼ透明で青く見えるとてもクリアな湯。
上士幌町幌加
01564-4-2167 宿泊有
男女別浴槽
カルシウム泉、硫黄泉、食塩泉
300円  シャワー無し
 上士幌
上士幌

糠平温泉


糠平温泉
山湖荘
お風呂は半地下の位置にあり、趣向を凝らした洞窟風。洞窟を掘ったわけではなくて改装して洞窟風にしているというもの、こじんまりと、浴槽は4~5人も入れば一杯のサイズで ちょっと穴ぐら風が好き、という人にも良いでしょう。
ここは飲泉ができる宿で、少しの甘さとうっすら塩ヶのあるような柔らかい味。
上士幌町字糠平
01564-4-2336 
ナトリウム塩化物 炭酸水素塩泉
(中性低張性高温泉)
500円 9:00~21:00
糠平温泉
湯元館

湯元というだけあり、少々歴史のあるような鄙びた風情。
混浴露天風呂は
小さな川が目の前にあり、自然を楽しめる岩風呂露天
お湯は無色透明、無味無臭でくせの無いすっきりした湯質。
上士幌町字糠平
弱食塩泉
男女別内湯 女性用露天 混浴露天風呂 
500円 8:00~20:00
糠平温泉
 中村屋

外観はちょっと鄙びているかな?と思わせましたが 中に入ると改装されてあり、アットホームな雰囲気と手造り感が素敵な宿。脱衣所も浴室も大きめでゆったりしていて、女性を意識したオシャレな造りになっている、浴室は壁や浴槽の木の風合いがとても落ち着ける雰囲気。すっきりとした無色透明、熱めの湯が滔々と注がれていた。 上士幌町字糠平
01564-4-2311
ナトリウム-塩化物泉
男女別内湯・サウナ 
露天混浴
500円  7:30~21:00
糠平温泉 
東大雪ぬかびら
ユースホステル


外観は民家のようなかわいい建物。
リーズナブルで家庭的な雰囲気のユースホステル。お風呂は新しくて清潔感あり、
3人も入ればいっぱいではありますが、こじんまりゆえの泉質の良さを感じとれるます。源泉掛け流し、季節によって加水
上士幌町糠平温泉
01564-4-2004
400円 15:00~21:00
 足寄
足寄郡




芽登温泉


山間の静かな一軒宿です、内湯はシンプルなタイル貼りの浴室に適温の浴槽と かなり熱めの浴槽の二つ、ザブンと浴槽から溢れ出る透明な湯がいい感じです。
景色の良い混浴の大きな露天がありますが、開放的なので女性には入りずらい。
女性専用の露天もあって、結構広めでゆったりした造り、
湯口のお湯を嗅ぐとほのかに硫黄臭が香り、ツルツルした感触も良い。
足寄郡足寄町芽登
0156-26-2119
単純硫黄泉


雌阿寒温泉郷
 
野中温泉(YH)

ハイキングや登山客が利用しているような感じです。かなり古めで、鄙びた建物、昭和後期の風情。
木の浴室には浴槽が一つで、
しっかりした白濁の硫黄泉が木の樋から注がれていて、硫黄泉独特の肌に染入る感じがかなりいいです。色のわりには酸性度は強くなく、少しエグい金ヶ(マグネシウム系)の味がしますが、肌にはマイルドな感触です。
足寄郡足寄町茂足寄59
0156-29-7454
含食塩含石膏硫化水素泉(緊張性低張高温泉)
200円7:00~19:00

 道 東 2 川上郡(標茶・弟子屈)・鶴居村・中標津



川上郡



標茶
弟子屈



 
  


オーロラファーム
ヴィレッジ

牧場が続く山の中に温泉が!
キャンプ場・コテージ等のある所、
自然の中の温泉は格別です。
男女別内湯のほかに露天も造ってありお湯が贅沢に掛け流しで注がれています、琥珀色のクリアなお湯はツルツルしていて、うっすらモール臭・微硫黄臭。
温めなので景色をながめつつ、のんびりと。キャンプなどで星を見ながらというのも楽しいかも
川上郡標茶町字栄219-1 
015-488-4588
アルカリ性単純温泉 47.1度
500円10:00~22:00
休:第1・3火曜日  
通年営業ですが、天候により休み有り:要問合せ


川湯温泉
 共同浴場


古い鄙びた雰囲気が良い、銭湯風の建物。タイル貼りの浴室には浴槽が二つ、温泉はほぼ透明ですが細かい湯の華が混じる酸性の湯。肌にピリリとくる皮膚病に効きそうなタイプの湯でなめると酸っぱく、玉子臭がします。カランのみですが、カランからも源泉が出ています。 川上郡弟子屈町川湯温泉
酸性含硫黄・鉄IIナトリウム・アルミニウム硫酸塩塩化物泉
250円 
8:00~20:00
休:毎月1、15

仁伏温泉
 
仁伏保養所
屈斜路湖に面し、質素な感じで民宿のようなアットホームな雰囲気です。
木の枠の浴槽に敷き詰められた白黒の大きめの碁石が足裏にゴロゴロと気持ちよいのが特徴です。
浴室の窓は屈斜路湖が目の前で、白鳥が悠々と水面をゆきます。
お湯は無色透明で無味のやわらかい、すっきりしたお湯、木の樋から勢いよく注がれています。
川上郡弟子屈町川湯仁伏
0548-3-3058
内湯:女2 男(混)1   
単純泉(中性低張性高温泉)43.5度
500円
鶴居村・中標津(養老牛)

鶴居村


中標津
 (養老牛)




民宿つるい

こじんまりした民家風の民宿ですが、お風呂は銭湯風で気軽に利用できる雰囲気が良い。浴室内には浴槽が二つ、露天もあり。モール臭の香る薄茶色のお湯がザバザバ注がれています、単にモール泉という訳でなく、かなり塩分が濃い湯です。アルカリのツルツル感としょっぱさで非常にサッパリ感のある湯がとても良いです。 鶴居村鶴居東3丁目
0154-64-2030
ナトリウム塩化物泉
380円 10:00~22:00
男女別内湯、露天

ホテルTAITO

とてもオシャレなホテルですが外来も受け付けてあり、外来用の休憩処も備えています。ここのお湯は紅茶色のような茶褐色です。ph9.0の重曹泉で肌当たりがかなり良く、ツルツルしていて、泡付きもあります。
浴室に入った瞬間から油臭!、湯口で嗅いだ感じも油臭です。露天も同様にツルツル感が楽しめる
鶴居村鶴居西1
0154-64-3111
重曹泉(ナトリウム、塩化物 炭酸水素塩)
ph9.19 43℃
男女別内湯、露天。サウナ
500円 11:00~21:30 

養老牛温泉

湯宿だいいち
最近の流行?という感じの女性受けするような、お洒落な雰囲気の建物。木造(ひのき)の内風呂は落ち着いた雰囲気。岩風呂の露天があり、川に面していて景色がよい。さらに川に近い位置に降りたところに露天があるらしいですが、混浴なので未確認。さらに岩盤浴まである懲りようですが、外来客は利用不可。お湯は肌あたり良い、塩化物系の無色透明 中標津町養老牛

ナトリウム・カルシウム塩化物・硫酸塩泉
600円
13:00~15:00  年中無休
ほかほか湯めぐり   日帰り温泉>北海道