青森県内の温泉はこちら   
津軽方面1 津軽方面2 津軽方面3 津軽方面4 南部方面 下北方面 




 
 青森市内の温泉銭湯 銭湯は別枠をみてね)
 浪岡町の温泉
 青森市内の温泉宿(日帰り入浴可)
 浅虫温泉のページ
             青森市内の公衆浴場(温泉銭湯)基本入湯料金は420円です。
                      ※ただし、独自の料金設定の所もあります 

  青森市内の温泉銭湯
温泉銭湯名
50音順
  特徴 (おすすめポイント) 泉 質・場 所
あさひ温泉 循環していない熱湯、暖まります。 
カランも温泉のようだけどちょっとぬるめ
常に脱衣所も浴室にも、演歌が流れる…。駐車場も広く、遅い時間まで営業しているので結構混んでいます。
青森市石江富田
アルカリ性単純泉 
浴槽1・サウナ 
ドライヤー無料
  〜23:00
東湯(あずまゆ)

2013年 ※廃業
番台のある一般的な小さめの温泉銭湯。湧き水に近い透明な単純泉なのでそんなに特徴はないけれど、常連客でにぎわっていて雰囲気が良い。番台のおばちゃんも感じよく、なかなか ほのぼのしている温泉銭湯。  青森市花園2-17-14 
017(742)9055
低張性アルカリ単純泉
ドライヤー無料
 〜23:00
あすなろ温泉 一般的な家族向け郊外型温泉銭湯、場所は田んぼの中ですが黄色(やまぶき色)の建物はインパクトある。お湯は無色透明、ここのジェットバスは非常に強力。
休憩スペースには畳もあり、ジョッキの生ビールや やきとりなどの食べ物を売っている。
家族風呂の部屋数が多いのが売りのようです。
青森市牛館松枝7-3
017(739)5911
アルカリ性単純泉
ジャグジー・ジェットバス
・サウナ マッサージイス
 5:00〜24:00
油川温泉 こじんまりした古い銭湯風。
どっしりしたタイル貼りの古い番台があった。
湯船の一部を岩風呂風な感じに加工し 勢いよく透明なお湯を注いでいますが、循環使用のよう。常連さんはご近所のお年寄りの皆さんという感じ。 
青森市油川字大浜102
017(788)3008
低張性アルカリ単純泉
沖館温泉 いりくんだ住宅街にある、番台のある温泉銭湯。
湯船は1つを 3つにくぎっている(深さ別)が、底の方でつながっているので温度は、どこに入っても熱め。駐車場も広めでご近所の常連さんでけっこう混む。
青森市石江富田66-4
017(766)1725
単純泉 
バイブラ・サウナ
  〜22:00
くさぶえ温泉
 
※休業中
 2011.6月現在
青森市の郊外にあり、バスで行くことも可クリックするともうちょっと大きい写真がでます。能ですが、車が無いと少し不便。ですがお湯はしっかりしたものなので、がんばってほしい温泉です。お湯が濃い印象!緑がかったように見えるお湯がかけ流し(かなり苦しょっぱい味)で暖まります。
シャワーの故障が目立つのが難点
青森市小畑沢字小杉69-12
017(738)9321
塩化物泉
浴槽3
  サウナ
350円 8:00〜22:00
定休:火曜
グランド温泉
 
※廃業
以前は源泉浴槽がうっすら茶色がかったお湯だったが、最近(2001年)くらいからは、ほとんど透明な感じ(T_T)
ただし、ここは浴室も休憩スペースも、とにかく広いです。
風呂から行ける屋外プールもありますが、ただし真水!冷たいです!冬はかなり冷たい(水着着用不可)・・サウナの後にはいいかも
しれません。
青森市合子沢字松森3 
017(738)5500
ナトリウムー塩化物泉
浴槽3・サウナ・プール
250円  〜23:00
極楽湯 青森店 大手スーパー銭湯。元々あった旧ラッコ温泉を継承・再利用の形で建替えられた。極楽湯サイトを見ても各地の極楽湯の泉質は特に記載が無く、あくまでもスーパー銭湯という分類のようです。青森に関しては脱衣所に成分表あり、弱ナトリウム泉ですが無色透明無臭、源泉浴槽は無くほぼ循環使用。ですが、露天にある坪湯や、ヒバ風呂はツルツルした温泉らしい浴感があって感触良い。食事処、整体やアカスリ等の設備が豊富 青森市東大野2丁目4-21
017(739)4126
白湯・ひば風呂・座湯・ジェットバス・サウナ・露天岩風呂、壺湯・電気風呂
390円 6:00〜24:00

http://www.gokurakuyu.
ne.jp/search/0202.html
コロナ温泉※休業中
地震のため、と貼紙してあったが、、地震前からサウナが一つ壊れていたり・・してたので、謎・・。
映画館・パチンコ店・回転寿司等の建物に入っている。
お湯は透明 加水、循環していると思われる。湯船自体は大きめで温度別に種類も多いです、その割りにシャワー・カランは少なめ。
広めの露天風呂があり岩風呂風になっていますが湯船の中に段差がある(浅い所、深い所がある構造)ので特に夜は足元に気をつけよう
青森市石江字三好25-4
017(783)5050
塩化物泉
浴槽3・サウナ2
・電気風呂・露天風呂
 〜23:00
こやなぎ温泉 住宅街(団地)にあり、隣にはガソリンスタンド、向かいにはコンビニ等。という立地状態のためか、いつもけっこう混んでいます。
湯船は2つで透明な熱めのお湯。お湯の特徴はそんなに無いけれどシャワーの出がとてもよく体を洗うのにいい。
終了時間の10時かっきりには蛍の光が流れる。
青森市小柳    
017(741)4126
カルシウム−硫酸塩泉
浴槽2・サウナ
 〜22:00
さんない温泉 青森市内なのに、硫黄をふくみ。香りが建物の外までほのかに香ります。リュウマチ等に効くらしく効能を期待してやってくる常連さんが多い。
浴室内は高いドームのような天井、すごーく長い大きな浴槽が1つ。滝のようにお湯がそそがれています。
濃いお湯と混んでいるので行くには多少の気合いがいる・・
青森市三内字沢部306-1
017(766)0185 
含硫黄・ナトリウム・塩化物泉
浴槽1 
 8:30〜21:00


佃温泉 ゆ〜ぽっぽ
ネーミングもかわいく、建物も黄色でカラフル。大・小浴槽・子供風呂・サウナ・露天・岩盤浴(別料金)。開業数年は黄土色の湯だったが、だんだんと透明っぽい湯になってきている。ほのかに塩分が感じられ、無臭。濃厚という感じではないが、さらっとした感触なので毎日入るにはいい感じです。休憩スペースに喫煙コーナーが設置されているのはよい。 青森市南佃2丁目3-20
017(744)4210
ナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩泉 44.5℃
サウナ、岩盤浴(別200円)
 5:00〜22:00
たらぽっき温泉 某食品会社で掘った温泉、主力商品名がそのまま温泉名!
大きい温泉ではなく、日帰り銭湯です
湯船は8人くらい入ったら窮屈に感じるかも・・というサイズだが
薄めずに注がれているお湯が、いい感じで湯船から溢れているという意味では、ちょうど良い大きさだなぁと思う。かなり濃いめで暖まるのでファンが多い。シャワーも温泉使用。
青森市鶴ヶ坂字田川88-4
017(788)1347
ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉、44.5℃
 9:00〜22:00
多喜の湯 こじんまりとした、ちょっと古めかしい町の銭湯風。脱衣所も浴室も小さめだけれど、常連客で混んでる。
9時で終わってしまうのが残念。
透明でかなり熱いがさっぱりしてよいです。
青森市茶屋町14-19 
017(741)0046
単純泉
 〜21:00
鶴亀温泉 郊外の大きめなスーパー銭湯風という感じです。お湯は単純泉で無色透明で循環使用。
家族風呂も出来て、露天・サウナ・電気風呂・かま風呂(蒸し風呂)と種類豊富なのと、朝早くから遅くまで営業時間が長いので、いつも結構混んでいます。
青森市安田近野
017(766)8821
単純泉
浴槽・電気風呂・
サウナ・露天・かま風呂
 5:30〜21:00
出町温泉 番台のある、銭湯風。
脱衣所も浴室もけっこう広くて開放感があっていいですね。

お湯は透明な熱めのお湯が 豊富に掛け流しでそそがれ湯船から溢れて床に流れているので気持ち良い。

駐車場も広いです
青森市西滝字富永21-1
017(766)4854
アルカリ性単純泉
浴槽2
 6:00〜23:00
天然温泉
 かっぱのゆ
設備が面白い新しい温泉銭湯。ひば製の浴槽の香が気持ちよく、露天もある。内湯に足湯があるが背もたれの部分にも熱い湯が流れる仕組みになっているので背中と足が温かいという変り種です。天然温泉とあるが、加温・循環しているもので、それでも湯は大量に使かわれているので清潔感あり、透明なすっきりした湯でシャワーカランも勢いがいいので、一日の汗を流すには十分。 青森市横内
ナトリウム-塩化物泉(低張性アルカリ) 32.1℃
寝湯・サウナ・足湯「背湯
露天・つぼ湯「源泉」・子供プール  5:00〜22:00 
ドライヤー無料
徳の湯温泉 住宅街にある新しめの、一般的な銭湯風。
循環かも知れないけれど 透明な温泉で くせが無くサッパリする感じで温まります。浴槽は浅めと深めの2つだが下でつながっているので温度は同じ。駐車場も有り、わりと混んでいる
青森市桜川8丁目5-4
017(741)4414
単純泉
浴槽2・サウナ
花の湯温泉 ※休業中
住宅街に民家風な感じで こじんまりとある。
雰囲気はわりと良い感じ。
自転車で通うようなご近所の銭湯風。
お湯の特徴はあまりよくわからないが 透明なお湯。
青森市千刈3-1-4  
017(776)5484

アルカリ性単純泉
フラワー温泉 源泉100% 循環ですが、お湯を毎日交換しているらしい。
お湯自体はさらっとした透明なお湯です。ジャグジーの部分は温めですが、その他は熱め。
シャワーのお湯は加水ですが体を洗うには快適です。

青森市浜館
カルシウム・ナトリウム・硫酸塩泉
ジャグジー・寝湯・サウナ・子供用プール
 6:00〜22:30
道の駅 
ゆーさ浅虫展望風呂
(浅虫温泉)
浅虫温泉:元のはだか湯の権利を青森市が買いリニューアルして、道の駅の展望風呂としてオープン!海が眺められ景色はGOOD。
お湯は集中管理されている浅虫のナトリウムー硫酸塩・塩化物泉で、特別な特徴はないですが無色透明なお湯です。
青森市浅虫
017(737)5151
ナトリウム 硫酸塩・塩化物
 7:00〜21:00(受付20:30) ドライヤー無料
青森市内 その他の温泉施設         
(入浴可能な宿・ホテルなど)             

宿名 特徴 泉質・場所
浅虫温泉 浅虫温泉については立ち寄り可能な宿が増えましたが、
湯札使用の場合が多く、利用時間もまちまちなので
こちらへまとめてみましたクリックしてね!
青森市浅虫

ナトリウム 硫酸塩・塩化物
雲谷温泉 ちょっと鄙び感のある古めの温泉宿
男女別内湯各1。タイル貼りの浴室・湯船。大人が座ってちょうど良い深さと、深めの湯船の2つ。無味無臭の透明なお湯ですが、ここのお湯は温まって肌も髪の毛もツルツルになるので前はかなりお気に入りだった 2001年くらいから湯船からお湯があまり溢れていない。シャワーの出はとても良いのだけど・・。
青森市雲谷
017(738)8077
ナトリウム・塩化物泉
外来350円   〜PM22:00
男女別内湯各1

モヤヒルズ  スキー場に面した観光施設(ロッジ等も)、お風呂はメインの大きな建物、ヒルズクラブ内にある。女性用お風呂はシャワー・カラン2つに湯船は3人くらい入れるかなというこじんまりサイズ。
お湯は加熱はされているものの、無色透明・少し鉄分を感じる
狭さにめげず3人のおばちゃんがトドっていたのには びっくり(笑)

男性用は女性用より広めで5〜6人くらい入れるサイズでした。
ロッジに泊まる宿泊者向けだとすれば狭くとも納得できるサイズ。
◎身障者用のお風呂もあるようですが中までは確認できませんでした
青森市雲谷
モヤヒルズ、ヒルズクラブ内
017(764)1110
単純泉 29.7℃
外来350円   
10:00〜21:00(受付20:30まで)
男女別内湯各1
ヴィラシティ モヤ 高台に建つホテル。郊外のシティホテルといった感じ。以前もこの場所にホテルはありましたが温泉はありませんでしたので、現在のホテルは引き湯をしているようです。お風呂はホテル風なもの+露天風呂でお湯は無色透明、温めで循環使用のようです。露天風呂は高台にあるので天気が良ければ青森市内が見渡せ、景色はいいかも。 青森市雲谷

単純泉
外来500円   
12:00〜17:00

男女別内湯+露天 各1
戸山温泉 ※残念ながら廃業 
浴室は男女別内湯各1で浴槽は下の方で男女の浴槽がつながっている構造で4〜5人くらい入れかなというサイズ。
透明なお湯がかけ流されているが、と〜ってもぬるめ!きっと建てた当初はハイカラなものだったのではと思わせる名残が、、そうゆう意味で貴重かもしれません。
青森市戸山字赤坂1 
017(742)2300 
カルシウム・ナトリウム・硫酸塩泉 
外来350円男女別内

 浪岡町の温泉銭湯  旧南津軽郡浪岡町の温泉です。
         
 2005.4.1より市町村合併で青森市となりました。
温泉銭湯名
順不同
  特  徴  泉 質・場 所
浪岡駅前温泉

  Photo
黒い!透明黒褐色という感じのお湯。つるつる感のあるお湯がかけ流しで あったまります!
こじんまりとした浴槽一つのシンプルな温泉銭湯、受付の人の感じも良く庶民的な感じです。駅前にあって駅前温泉というネーミングもいい
浪岡町駅前
0172−62−7879
アルカリ性単純温泉
外来350円
 花岡荘温泉 花岡地区の公共の施設です。地域のお年寄りが部屋をかりて過ごしているよう。
湯船が一つだけですが、塩分の濃い湯がかなり勢いよく掛け流しされています。ほぼ透明(薄い茶褐色)。飲泉はできないと貼紙が有り、理由はわからないが かなりしょっぱいので塩分の濃さから飲むのは無理だろう。
浪岡町女鹿沢字野尻28−3
0172−62−3023
ナトリウム−塩化物泉
外来250円
 ポパイ温泉
幼稚園かと思うようなピンクの外観が目を引く温泉公衆浴場です。
うっすらモール臭のする黒っぽい(褐色)お湯が掛け流しで
ツルツルしたお湯が感触良いです。
露天や歩行浴もあり、シャワー、カランも温泉使用。
浪岡町下十川字扇田189-1
0172−62−7515
ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩温泉
350円 〜23:00
サウナ・露天・歩行浴
 ば さ ら
 婆娑羅温泉
以前は、山正健康温泉という名前の温泉だった。宿泊もできるらしい。お風呂はカラン・シャワーが15程度の中規模の温泉銭湯という感じ。湯船が2つ(深さ別)とサウナと打たせ湯があり、うっすら黒い色の温泉が掛け流し、温度はぬるめです。大広間は有料。 浪岡町浪岡字林本65
0172−69−1380
単純泉
350円 〜23:00
サウナ・家族風呂
 わ の ゆ
 和ノ湯
2008年に新しくできた日帰り施設 
庶民的なイメージで好感がもてる施設です。
内風呂は浴槽が二つ(一つはジェットバス付き)と打たせ湯。
小さめですが露天有、温めで気持ちよい。
サウナは木の香りが清々しいです
このエリアの特徴で、ここも うっすらモール臭のする黒い、黄褐色のお湯でした ツルツルしたお湯が感触良いです
浪岡町大字杉沢字井ノ下133-1
0172-62-7322
アルカリ性単純泉 
37.0℃  ph9.2
390円 5:00〜22:00
サウナ・露天・打たせ湯
家族風呂有
 細野相沢温泉
 「やまの湯」
山里の共同湯。こんな山の中にあるのか?と着くまでハラハラしました。ほぼ無色透明、薄い黄緑色。ごくほのかに硫黄臭で苦い塩味、ヌルヌル感もあって特徴あるお湯と言えるでしょう。掛け流しで いいお湯ですが混んでる時間帯には湯量が少なめでオーバーフローしきれないので、空いてる時を狙って行けば特徴のはっきりした湯を堪能できるでしょう。カラン・シャワー5、湯船は5人程度入れる 浪岡町 細野・相沢地区 

共同湯
ナトリウム-塩化物温泉
250円
9:00〜20:00  定休無

ほかほか湯めぐり 日帰り温泉