ほかほか湯めぐり 外湯めぐり   岩手県   秋田県   宮城県   山形県  福島県  北海道  
青森県内  津軽方面1・八甲田(一部十和田市含む)・黒石市
津軽方面2・弘前市・中津軽郡
津軽方面3・藤崎町・平川市・南津軽郡
南部方面 ・八戸市・上北郡・十和田市・三沢市・三戸郡
下北方面 ・むつ市・下北郡
青森市内 青森市内の温泉銭湯&立ち寄り湯
青森市内の銭湯
津軽方面4 東津軽郡[蓬田村・外ヶ浜町] ・五所川原市 ・つがる市
西津軽郡[深浦町・鯵ヶ沢町] ・北津軽郡[板柳町・鶴田町]
エリア 温泉名 特徴・感想・おすすめポイント memo・料金など
東津軽郡
 蓬田村 
 蓬田村
よもぎ温泉
お湯は透明で、さほど特徴のないもので循環使用のようです。よもぎの薬湯の湯船がある。
お湯の質がどうとかってことよりも、ここは町のコミュニティとして機能している施設。地域のお年寄り、家族向けという感じがした。
東津軽郡蓬田村郷沢浜田136-4
0174-27-2170
ナトリウム塩化物強塩泉

温泉公衆浴場   サウナ
10:00〜21:00
火曜定休
東津軽郡
外ヶ浜町
 
旧平舘村
(旧平舘村)
不老ふ死温泉
宿としてはこじんまりした造り。
浴室はシンプルなタイル貼りで、湯船は5〜6人入れそうなものが一つ。お湯は無色・透明でそんなに特徴ないが 短時間で温まるお湯でした。食堂で食事を頼むこともできるようでした。
東津軽郡外ヶ浜町平舘大字根岸字湯の沢
0174-25-2611
ナトリウム・カルシウム、硫酸塩泉 男女別内湯各1
温泉宿 外来可300円
 8:00〜20:00
湯の沢温泉
ちゃぽらっと
以前は公民館風で、体育館の一部のような町の施設でしたが、リニューアルで一般的な使いやすい施設になりました。
食塩泉で、透明ですが少し緑がかって見えるお湯です。塩分のわりにベタつきがないのも良い
東津軽郡外ヶ浜町平舘大字根岸字湯の沢150
0174-25-2011
ナトリウム塩化物泉(強食塩泉)
52.1℃ 350円
10:00〜21:00
月曜定休
 五所川原市

五所川原市

 
  
広田温泉
とても豪快に、ドバドバお湯がそそがれていて、掛け流しで気持ち良い。2005年にリニューアルされましたが、ドバドバした感じは健在です。
湯はうっすら緑がかったような褐色の湯で塩ヶがあり、熱めでとてもサッパリする湯です。
別棟に家族風呂もあり、お年寄りなどが使いやすいような構造になっているそうです。
五所川原市広田下り松
0173-34-6385
弱アルカリ性ナトリウム、塩化物泉
300円 6:00〜22:00
 金太郎温泉
 外観は古い公民館風情、中は昔からの銭湯風。温泉が多い地区のなかでは、ひっそりした感の温泉ですが、温めと熱めの二つの浴槽には、ちょっと緑がかって見えるツルツルした湯が掛け流し、匂いもなんとなくゆで卵っぽいような気がする、シャワーやカランも温泉です。あがった後、肌に残る感じは、どちらかというとサッパリ系。壁の金太郎の絵が個性的です。  五所川原市姥萢字桜木299−1
0173-34-7715
ナトリウム塩化物泉
57.3℃ ドライヤー有
300円 8:00〜22:00
うめた温泉 
うめたふれあいセンター
地区の施設にくっついた共同湯風の小さな温泉、一般にも利用可です。カラン・シャワーは6ですが、実質3人も居れば一杯というサイズの浴室・浴槽で 本当にこじんまりしているので、地元の人のおじゃまにならないよう、マナーを守って利用したい所。お湯はかけ流しで、かなり熱いですが肌なじみの良い褐色がかった湯。塩ヶと、ほろ苦甘いような味。湯口付近は非常に微量ですが油くさいようなほんのりした香 五所川原市梅田字福浦405
0173-28-3289
ナトリウム-塩化物泉
男女別内湯のみ
ドライヤー無し
200円 7:00〜21:00 
ロイヤル温泉
外観は元○○ホだよねー と思われる小さい個別の棟が並んでいた。浴場のある建物は新しくてこぎれいな公衆浴場。シャワー・カランも12程あり、使い勝手良い。
ここもこの地域らしい、うっすら褐色、ツルッとする感触の湯で、浴槽が二つあり、小さいながら露天もあって温めで気持ち良い。※外に足湯があったが2006秋 現在は利用されていない。
五所川原市大字太刀打字千束苅13-7
0173-39-2323
ナトリウム塩化物、炭酸水素塩泉(低張性アルカリ)
48.8℃ サウナ・露天・ドライヤー有  300円
 湯元津軽
富士見ランドホテル
入り口は和風、民芸風を意識しているような雰囲気。日帰り入浴用の入口が設けられており、階段の多い渡り廊下を通って行く。浴室はけっこう広めでサウナもあるので、日帰り入浴に訪れる常連も多い。お湯は無色透明、うっすら塩ヶのある湯でツルツル感あり。カランも温泉使用。高台にあり、露天からは遠くに五所川原市街を見渡せる。前は「津軽虫おくり温泉」と言っていた時もあった。「虫送り火祭り」は津軽地方にある豊作を願う行事。だけど、最近では立佞武多が有名かも 五所川原市羽野木沢字隈無240-163
0173-29-3260
ナトリウム塩化物炭酸水素塩泉
露天・サウナ
300円7:00〜21:00 (無休)
 夢野温泉 狼野長根公園近く、上記の富士見ランドホテルのお隣。宿が少し離れて2件並んでいるのである。外観はコンクリートの建物でちょっとB級ムードですが、ロビーあたりの休憩スペースがゆったりしていた。無色透明で塩ヶのある湯で、露天は景色はさほど無いが、全体としては立ち寄り湯として利用するには十分で、近在住民の小宴会とかにも利用されているようである。 五所川原市持子沢字隠川686   
0173-29-3153
含重曹弱食塩泉
露天
300円 6:00〜22:00
エルムの湯

ショッピングエリアにできたセンター系。温泉激戦区の五所川原は、掘れば出ると言われているが・・かなり深く掘って出たようです。薄茶色の塩気の強いツルツルした湯です、超音波泉、電気風呂、露天、ひと通りのものがそろっている。 
マッサージ・岩盤浴等もあり。
五所川原市大字唐笠柳字藤巻509-17
0173-34-1126
ナトリウム塩化物泉400円 6:00〜24:00
サウナ・露天・ジェットバス・電気風呂
年中無休
 磯乃湯温泉

 
 とがった屋根のお城風なのが特徴の建物。大きな浴槽が真ん中にあり、周りをカランが囲む昔ながらの銭湯風
大きな浴槽は15人くらい入れそうなゆったりサイズですが とても熱い!
あまり長く入っていられませんが、塩ヶ有、ツルツル感もあり五所川原らしい湯。
五所川原市下平井町219-1
0173-35-0568
ナトリウム塩化物
定休日:なし
300円 4:30〜22:00
サウナ 内湯のみ
(旧金木町)
金木温泉
昔ながらの番台のある温泉銭湯です、古めかしい構造が なんだかとても貴重に思える。かなり鄙びていて、キレイかどうか なんていう基準で見ることは難しく・・とにかく懐かしい雰囲気。お湯は無色透明・循環使用ですが、どことなく鉄臭いような香りが浴室に漂う。浴槽の湯温は温めに設定されているようでした。 五所川原市金木町朝日山206-1
0173-52-2235
ナトリウム・塩化物泉
350円 9:00〜21:00

音次郎温泉
リニューアルされて小奇麗にすっきりまとめた感じの浴室に。
適温・熱め・露天風呂もあり(露天は屋根付、囲いがあるので、さむくない。さらにテレビ付きです)
水風呂が湧き水利用で冷たすぎない点がいい感じです。
湯質は相変わらず塩分が強い温泉で、舐めてみるとかなりショッパイ。
五所川原市石岡藤巻56-1 
0173-35-9885ナトリウム塩化物泉
300円 5:00〜22:00
年中無休

(旧金木町)
小田川温泉

※2010.4火事
のため営業していない お風呂部分は燃えなかったようではある。

広大な敷地に入ると、何かのテーマパークか?と思うような城風な建物が並び、正面に現れる議事堂風の建物が温泉です。建物のセンスが、とにかく不思議すぎる。
しかし・・建物のセンスとは違い、浴室はシンプルで良い。一部加熱かなと思われるが ちょっとツルツルした黄土色の湯で、浴感は見た目よりさっぱりしていてなかなか良い。
五所川原市金木町嘉瀬字端山崎267-567  
0173-52-2626
ナトリウム・塩化物泉
 43.6℃  サウナ・露天 
350円 6:00〜21:00  
(旧金木町)
 
 奴 温 泉

※火事で消失
2006・1月 火事で温泉部分が焼けました。怪我人などは無く、隣接の老健施設も無事だったとの事。再建を祈ります!
国道339号沿い。温泉名の奴(やっこ)はこの地区の手踊り「嘉瀬の奴踊り」からとったらしい。
お湯は、少し黄緑。浴室の真ん中に大きな浴槽が一つと打たせ湯、塩分が濃く、かなり熱めに加熱されている 
五所川原市金木町中柏木字鎧石342-2
0173-52-2121
ナトリウム塩化物温泉、42.0℃  350円 サウナ・打たせ湯
5:00〜22:00 (無休)
 一ッ谷温泉

※営業停止

中央公民館そばの公衆浴場。入り口にはクアハウスと書かれ、その横に寺田整骨院。病院の併設施設。どこも悪くないけど入っていい?という気分になる。熱めの無色透明な塩化物泉が掛け流し、しっかりしたお湯という印象です サウナ用の水風呂も温泉利用のようで褐色がかっていて、寝湯のところもお湯ではなく褐色の水風呂となっていました  五所川原市一ッ谷40-1
0173-34-2688
ナトリウム塩化物泉
54.5℃

390円 8:00〜21:20
サウナ ・寝湯
 西北温泉
 
 
廃業
 駅から近い古い温泉銭湯。かなり鄙びてます。 客層はほぼ常連のお年寄りと近所の方だろうと思います 浴室の男女の仕切りの一部が岩になっていてその上に観音様(?)が祀ってある。お湯は熱めで薄い褐色・少し濁り、無味で微妙に臭素。  五所川原市柏原22 
0173-34-3067
ナトリウム・塩化物泉 52℃ 350円
  ?〜22:00 (無休)
北津軽郡 板 柳 町 ・ 鶴 田 町

北津軽郡
 
板柳町
あすなろ温泉
お湯の匂いがとても特徴的で石油のような油臭。黄色っぽいツルツル感のあるお湯で、シャワーにも温泉を使用。 砂風呂は渡された浴衣に着替え 砂場に横になると砂をかけてくれる(砂というより うんと細かい粒状の石のような感じ)10〜15分ほどで汗だく!(入浴+砂風呂+砂風呂用浴衣込み1000円) 北津軽郡板柳町掛落林
字前田140-1
0172-73-2641

ナトリウム塩化物泉
内風呂、露天、 砂風呂 
350円 7:00〜22:00
砂風呂は9:00〜18:00
高増温泉公衆浴場
 不動乃湯
 
 
 Photo 
高増温泉ホテルの敷地内にある、別棟の公衆浴場。中に入ると、かなり古めで脱衣所も古い。そのわりに浴室はわりと広めで(男女別内湯各1) その他の設備はありませんが使い勝手はまあまあ。 のんびりした雰囲気が漂う。ツルツル感のある美肌の湯で、気持ち良い。お湯は卵臭というか、ほんのり油臭っぽく湯口では結構熱めに感じますが、湯船がわりと大きいので全体的には温めに感じた。  北津軽郡板柳町大俵字和田422-3
0172-77-2331
含土類、-弱食塩泉
男女別内湯各1
300円 7:00〜21:00

 板柳温泉 
  公衆浴場 
板柳駅の近くにあり 昔、女学校だった校舎の建物を使用。浴室はシンプルなタイル貼りで、少し褐色で透明感のあるツルツルするお湯が掛け流されている。
近所の人達の共同湯という雰囲気で、上がって出て行くときに まだ夕方の5時前だというのに、
皆、「おやすみなさ〜い。」と言っていた(この時に居た人達だけかもだけど・・・)小さい銭湯くらいの広さ
北津軽郡板柳町福野田字実田
0172-73-2152
ナトリウム塩化物温泉 55.4度  男女別内湯各1
350円 7:00〜21:00
板柳温泉
  旅館部
上記の温泉の別棟にある古い旅館です。
かなり!とっても古い建物で激渋。。宿泊は不可、外来だけ受け入れている。昔のまんまの温泉で、古くさいのがダメな方には不向きですが、
お湯は良いです!混浴内湯1と個性的な貸切風呂が5つ。少し油臭で、肌にまとわりつくようなツルツルしたお湯が豊富に掛け流し。
北津軽郡板柳町福野田
ナトリウムー塩化物温泉
7:00〜21:00

外来 400円
※シャワー・カラン無

脱衣所も棚があるのみ
板柳ふるさとセンター 
青柳館大浴場

  
Photo
コテージ・りんご加工工場・レストラン等がある、町の観光施設です。お風呂は外来利用できる。
冬に行ったので温泉以外の施設はちょっと閑散としていたが 
お風呂はしっかりとした温泉。塩ヶがあり少し褐色がかったヌルっとした感触、他の板柳の温泉のような特徴的な匂いはなくほぼ無臭。浴槽は10人程度入れるサイズですが この手の施設に併設の温泉としては立派なほうかも。。
北津軽郡板柳町大字福野田字本泉34-6
0172-72-1500(代)
ナトリウム塩化物泉
350円 7:00〜21:00
サウナ

三千石浴場

 ※廃業
なつかしい番台のある温泉銭湯
ここの特徴はなんといっても その古めかしい佇まいと、褐色で泡つきのよいお湯です。このエリアは油臭系が多いところですが、匂いより何より、とにかく
泡付きとツルっとした感触が個性的です。塩ヶと泡のおかげでよく温まります
青森県北津軽郡板柳町三千石字木賊
ナトリウム塩化物泉 
350円 14:00〜20:00
シャワー無、カランのみ


北津軽郡
 
鶴田町 
 山田温泉 日帰り温泉施設・別棟に家族風呂もそなえる。この地域ではよくある、微モール臭・うっすら塩ヶ・ツルツル感、薄い黄褐色というタイプのお湯。浴槽は熱めと温めのふたつ。熱めの浴槽のほうがお湯の新鮮さと清潔感があるような気がした。温い浴槽は湯華が黒い(?)のか、混んでいるせいでそうなのか不明だが多少濁りあり。 北津軽郡鶴田町大字鶴田字小泉460-4
0173-22-6666
ナトリウム・塩化物泉
含重曹 61℃
300円6:00〜22:00 無休
民宿梅沢温泉
大衆浴場ではありません。カランが4と湯船のみの民宿の小さな温泉。小さいのでマナーを守って利用してください。シャワー無、イスも置いてないので床に座って体を洗い、かなり激熱に近いお湯に浸かる。お湯は少ししょっぱく、ほぼ透明、こげ茶色の湯花が混じりお湯が褐色に見える。ものすごく湯花が多いので、湯花の混じる湯で体を洗うのは苦手という方には向きませんが溢れ流れるお湯は本物です 北津軽郡鶴田町横萢字松倉51
0173-28-2275
ナトリウム塩化物泉(食塩泉、弱アルカリ)
民宿 外来可200円
6:00〜21:00  無休
カラン有 ※シャワー無
備品無し 男女別浴室のみ
つがる富士見荘
H16年の改装で綺麗な施設。ロビーや食堂なども綺麗で 窓からは津軽富士見湖と鶴の舞橋(日本最長木造三連太鼓橋)を正面に一望できます。
浴室は2箇所 本館:宿泊者向けの展望大浴場は浴槽が一つで、こじんまりしていますが、富士見湖側に面していて景色がよいので開放的な雰囲気。
別館:大きめの浴槽が二つとサウナもあり、外来向きの広い浴室、休憩用の無料の畳スペースもあるので、ゆっくり過ごせます。
お湯はほぼ透明ですが、少々の金ヶと微塩味、全体に褐色に見えるお湯で、つるつるすべすべの浴感
北津軽郡鶴田町大字廻堰字大沢71-1
0173-22-3003
ナトリウム塩化物泉
44.5℃
350円
本館 9:00〜16:00 
別館 7:30〜21:00

つるまい温泉
鶴田町の新しい温泉。339号線沿いにあるので、町外からも行きやすい。マッサージとか岩盤浴あり。 お湯は薄い茶色で山田温泉やつがる富士見荘に比べると色は薄いかな?という気がしましたが、塩ヶありツルツルした肌ざわりもある。湯口に近づくと ごくわずかに油臭あり、いかにも津軽の温泉という感じがする。湯温は高めで。温度別に熱め、適温と、ジェットバスの浴槽あり。
北津軽郡鶴田町大字山道字高留57-1
0173-23-5530
ナトリウム・塩化物泉(高張性弱アルカリ高温泉)
350円 5:00〜25:00
サウナ
岩盤浴:別料金1200〜

ゆったり温泉
旧鶴寿温泉

リニューアルされた新しい温泉。どちらかというと、銭湯サイズですが、すっきりして使使い勝手のよい温泉です。従業員の雰囲気もよく、地元密着型という感じが、私としては高感度。浴室内は軽く石油のような油臭が香る、薄く黄色がかった琥珀色の湯は塩ヶありツルツルした浴感。・ジェットバス付の浴槽と超音波の細かい気泡で真っ白に白濁させたホワイトイオンバスがある。

北津軽郡鶴田町大字木筒字西柳川61-7
0173-22-2333
ナトリウム塩化物泉
 
P7.7

350
60022:00

家族風呂1200/1
 つ が る 市


つがる市

 旧車力村
 旧森田村
 旧木造町
 旧柏村


(旧車力村)
しゃりき温泉
「ウェルネスセンター」
村役場隣りの公共のセンター系ですがお湯も良い。
きれいな施設で、休憩スペース・浴室も広く、シャワーなどの設備も新しく、
小さい子供からお年寄りまで利用しやすい。ツルツルした感じで黄色っぽいお湯(少し緑)は浴感があり、よく温まる。浴室の真ん中に大きな浴槽があり温めと熱めに分かれている。
つがる市
 車力花林48 
0173(56)4126
ナトリウム-塩化物泉 48.2
寝湯・打たせ湯
・サウナ・上がり湯  
320円 10:00-21:00  
(旧森田村)
森田温泉
ひっそりと在る、村の薬湯。古めかしい浴室に4人くらい入れる湯船があり、茶褐色がかった透明なお湯が勢いよくそそがれて たまにゴボゴボ鳴っていたりする。
気泡が多くて爽快感があるかも。飲用もできて(ちょっと苦い・・)胃腸などに良いとのこと。
つがる市 森田月見野110
0173-26-2211
含重曹弱食塩泉
男女別内湯各1
240円
13:00〜21:00
(旧森田村)
つがる地球温泉
津軽地球村という宿泊施設(含会議室等)・コテージ・スポーツ施設等に併設の温泉です。
温泉は施設内の藤山邸の中にあり、湯船は大きいものが一つで 
透明感のある茶色がかった、ややツルツルしたお湯があふれている。
2005年から露天と休憩スペースが出来ました。
つがる市森田床舞字藤山
0173-26-2855

ナトリウム塩化物 炭酸水素塩泉 43℃ 
宿泊施設・外来可500円
サウナ・露天
 6:00〜22:00
(旧森田村)
光風温泉
光風自動車商会の併設の共同湯風温泉。
建てなおされてキレイな公衆浴場に変身!(2006)
やっぱり共同湯風で地元の皆様の憩いの場です、タイル貼で清潔な浴室、シャワーは無いがカランは14ヶ。
縦長の浴槽からはしっかりとオーバーフローして床をながれている
つがる市
 森田下相野野田73-3
ナトリウム塩化物炭酸水塩泉
男女別内湯各1
250円 5:30〜21:00

第1.3月定休
(旧木造町)
木造福祉交流センター

しゃこちゃん温泉
公共の日帰り温泉施設。ちょっと豪華!入り口から薄いカーペットタイプの床材で裸足でも平気!休憩スペースには飲食コーナー・畳のスペースもあり天井が高いので ゆったり感があってよい。浴室もかなり広くて、ゆとりある配置になっている。褐色(黄色がかった)湯はツルツルし、塩分の濃いしっかりしたものです。お風呂の種類もいろいろあって家族連れにも利用しやすいと思いました。 つがる市
 木造若緑52
0173-42-1277  
ナトリウム塩化物泉
51℃ サウナ・ジャグジー
・打たせ湯・岩風呂・あつ湯
320円   9:00〜21:00
(旧木造町)
あずましの里温泉
いい湯だな
新しい公衆温泉銭湯。お風呂はジャグジー付きの大きい湯船が真ん中に一つ、浴室内はモール臭の香りがする。塩分が強い黄緑色がかった褐色のお湯がかけ流し。かなりヌメリがあり肌にまとわり付く、特徴のはっきりしたお湯です。難をいえば、ここは休憩スペースも脱衣所も床がベタつく、お湯がヌルヌルだから こうなるんだろうか?(2004.10) つがる市
 木造字藤田28
0173-42-3122  
ナトリウム塩化物泉(含重曹)63℃ サウナ・マッサージルーム。別棟に家族風呂
350円 6:00〜24:00
(旧木造町)
びょうぶさん
屏風山温泉
宿でもあるが、脱衣所・浴室は古い生活感のある小さめの温泉銭湯。お年寄が主ですが混んでいて、室温が高くてムンムンしていた。湯船は4人くらい入れるものが二つ、温めと熱め。お湯はほぼ透明うっすらした黄色でツルツルし微妙に臭素系の匂いがするのが特徴。熱めの浴槽に注がれるお湯は新鮮さを感じ取れるものでした つがる市 木造字浦船58-2
0173-42-1697
塩化物泉、炭酸水素塩泉
サウナ・寝湯
宿泊施設・外来可350円
6:30〜23:00
(旧柏村)
じょっぱり温泉
じょっぱり=頑固とか意地っ張りの意。湯にも じょっぱり精神が反映されるといいですね。
この地域によくある かなりしょっぱい塩分の強い湯で ほぼ透明で黄緑がかっていてツルツル感もありベタつきは無く浴感はわりといい。あまりゴテゴテした構造ではなくシンプルなので庶民的で気楽に行ける雰囲気があるのは良い。
つがる市 柏大字桑野木田字若宮258-2
0173-25-2390
ナトリウム塩化物泉56.6℃ 使用位置42℃
320円 9:00〜21:00
定休:第1・第3月曜 サウナ・打たせ湯・寝湯
西津軽郡 深 浦 町 ・ 鯵ヶ沢町

西津軽郡
 深浦町
 旧深浦町
 旧岩崎村
 黄金崎
不老ふ死温泉
西海岸、海岸の波打ち際に造られた露天風呂に赤茶色の源泉がそそがれている、
夕日が沈むのを見ながら浸かることができるすばらしいロケーション。しみじみ夕日と夕日に染まる海を鑑賞〜。ふう〜。
内湯にも赤茶色の源泉がかけ流しの露天がありこちらも海の露天に負けない濃さ
西津軽郡深浦町艫作字下清滝15-1
0173-74-3500
含鉄、ナトリウム・マグネシウム塩化物強塩泉
温泉宿・外来可600円
みちのく温泉
巨大な水車が目印の温泉宿。男女別内湯各1と男女別露天各2。
お湯の色は黄土色・茶色系で思ったよりサラッとした感触で温まります。内湯のお湯の表面にうっすらキラキラと白い物が浮いていた、成分にホウ酸が含まれるためホウ酸の結晶らしい。
西津軽郡深浦町舮作字鍋石76-2
0173-75-2011
含二酸化炭素−ナトリウム−塩化物強塩泉
温泉宿・外来可450円
深浦観光ホテル

 Photo
「北前の宿」ということで宣伝している、西海岸を望む高台に建つ宿です。ホテルといってもほとんど和室で旅館の風情。お風呂は改装されてあり、内湯と露天どちらも循環使用。内湯はジャグジーでほぼ無色透明、加水されている。露天は温泉らしさの感じられる黄色っぽく濁ったお湯で、豪快さはないけれど遠くに見える日本海を眺めながら入浴できます。 西津軽郡深浦町深浦字岡崎338-42
0173-74-3511
ナトリウム−塩化物強塩泉男女別内湯・露天
400円
(旧岩崎村)
白神温泉
 静観荘
国道101号沿い。全体に非常に鄙びていて、なんだかものすごく生活感のある古い宿です。
しかし 
湯は確かなもので、鄙びた浴室の浴槽には温めの湯が豊富にそそがれており気泡もあり温まる湯、ツルツルした感じも気持ち良く塩ヶと薄い苦味、そしてシュワっと酸っぱく感じる炭酸の味もするのです。
西津軽郡深浦町大字岩崎字平舘7−4
0173-77-2411
ナトリウム塩化物泉(炭酸水素塩)
男女別内湯のみ
300円 6:00〜22:00
西津軽郡
 鰺ヶ沢町
ぽっかぽか温泉
 ※営業停止
コンビニ付きの日帰り温泉施設。5時から11時までと、営業時間が長く、コンビニの名前まで5-11(ファイブ・イレブン)こういうネーミングはなんだかとても好き!(^^)/。浴室は湯船が4つで程良いモール臭が漂い、茶褐色のさっぱりしたツルツル感のあるお湯が気持ち良い。ちょっと泡の付く感じも楽しめる。 西津軽郡鰺ヶ沢町大字浮田町平野206-23
0173-82-2600
ナトリウム塩化物泉 高張性中性高温泉
サウナ・流水風呂
5:00〜23:00 300円
熊の湯温泉
秘湯という感じではないですが、山の中(川沿の道にある)の一軒宿です。湯は黄土色の湯、ものすごく黄土色なわけじゃないですが浴槽に、堆積した成分がびっしりついて茶色の浴槽を形成しているので、全体的に黄土色!ってまず思うはず。温め・熱めの二つにわけてあり、シャワーはなくカランからは かなり温めの温泉が出ています、しかも出しっぱなしになっていた。口にすると無味無臭、多少土類系の石膏分のキュッとした感じ。 西津軽郡鯵ヶ沢町大字一ツ森字湯湧渕31    
0173-79-2518
含食塩石膏泉
350円 0:00〜20:00
冬期休業11月〜5月
   
ほかほか湯めぐり