岩手県   秋田県   宮城県   山形県   福島県  北海道   
青森県内  津軽方面2 ・弘前市・中津軽郡 
津軽方面3 ・藤崎町・平川市・南津軽郡
津軽方面4 ・東津軽郡・五所川原市・北津軽郡・西津軽郡・つがる市
南部方面  ・八戸市・上北郡・十和田市・三沢市・三戸郡
下北方面 
・むつ市・下北郡
青森市内  青森市内の温泉銭湯&立ち寄り湯
青森市内の銭湯
の数は、湯質・掛流しか、個人的好みで、評価してます
津軽方面1 ・八甲田(一部十和田市含む)黒石市
エリア 温泉名 特徴・感想・おすすめポイント memo・料金など





八甲田

 (青森市)
酸ヶ湯温泉
☆☆☆☆☆
寒い時季、湯気もうもうの中で、硫黄の香りにつつまれてぼーっと浸かりたい。。青森の代表的温泉といっても過言ではない温泉。
混浴の千人風呂は昔の小学校の体育館のような木造のつくり。

混浴の他に男女別「玉の湯」もあるので、そちらでじっくり熱いお湯に浸かるのも良いです。
青森市八甲田1
017−738−6400
酸性硫黄泉(含石膏、酸性硫化水素泉)
温泉宿 外来可600円

男女別内湯の玉の湯にはシャワー・カランあり
城ヶ倉
温泉ホテル
☆☆☆
ホテルの大浴場なので造りはシンプルですが窓は大きくて開放感はわりとある。
お湯は無色透明のくせのないもの。小さめですが露天もあり、ぬるめなので長く浸かるにはいいですね。
北欧風ホテルという感じの建物。

近くの城ヶ倉大橋からの渓谷の眺め(特に紅葉)がよいです。
青森市荒川字南荒川
017−738−0658
弱アルカリ性単純泉
男女別内湯各1
露天・スチームサウナ
温泉ホテル 外来500円 
外来16:00まで
八甲田温泉
遊仙

☆☆☆☆
休憩用広間を無料で利用できるので、たくさんの人が昼寝しています。2004年、女性用露天が改修され岩風呂の露天に!露天は透明っぽいお湯に白い湯華が混じる。内湯は少し黄色っぽい白濁したお湯。
女性用には木の小さめの半露天も2つあり、温いお湯が好きな女性におすすめ。
青森市駒込字深沢766-2
017−738−8288
・含土類石膏芒硝泉Ph7.8(内風呂・露天)
・明礬泉(ラムネ風呂)
・冷泉明礬泉(ミルク風呂)
温泉宿 外来可500円
 民宿 
又兵衛の茶屋

☆☆☆☆
田代平高原にある民宿です 土産物屋・食堂を兼ね備えた茶屋です。以前から温泉があったのか?天然温泉と書かれた新しい看板が出ていました。こじんまりした男女別の内湯は家族風呂のようなサイズ。お湯は土類系・笹濁り。口にすると少し鉄分を感じる味で 単純泉っぽい感じ。かけ流しで適温、刺激は強くないのですんなりと入りやすい湯でした。 青森市駒込字南駒込山1-244
017−738−7815 
男女別内湯 泉質不明
400円 


八甲田リゾートホテル
(寒水沢温泉)
☆☆☆☆
 
八甲田ロープウェー山麓駅の前にある。
浴槽は一つのみで ほぼ無色透明、お湯はツルツルした浴感があり気持ち良い。
青森市荒川字寒水沢1-57
ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉  サウナ有 
外来可500円 
12:00〜16:00
 深沢温泉
☆☆☆☆☆
ここは民宿らしいが、プレハブっぽい建物で入り口も雑然とした土間・・やたら生活感がありすぎて、入っていいのか一瞬ためらう。
鄙びた雰囲気と対照的に内風呂の湯船は大きく お湯は勢いよく注がれています。シャワーは無く、カランのみで、カランからは41℃くらいの温泉がでます。
青森市駒込深沢650
017−738−1464
ナトリウム・カルシウム−硫酸塩泉 
※カランのみ  
男女別内湯各1 露天各1
外来可350円 〜21:00






八甲田
十和田市

八甲田山経由で行けるコースにある十和田の温泉は八甲田の温泉と一緒に記してあります

この他の十和田市街地にある
温泉は南部方面エリアへ
 谷地温泉
☆☆☆☆☆
湯治宿としての古い歴史のある秘湯ムードの山の宿。男女別の内湯のみで、湯船は2つ(熱めと温め)で湯船の底あたりから白いお湯が湧き出ています。
熱いお湯とぬるいお湯の湯船を のんびり交互に入ることで疲れを癒せます。

打たせ湯は男女両方の浴室から行ける位置にあって混浴になっています。
十和田市 十和田湖
八甲田谷地

0172−74−1161
単純硫化水素泉
男女別内湯各1・うたせ湯
温泉宿 外来可300円
通年営業
シャワー・カラン有
 猿倉温泉
☆☆☆☆☆
男女別の内湯各1と内湯から行ける露天。これとは別に新しい男女別の露天風呂もあります。
内湯は、ぬる湯と熱湯の2つの浴槽にサラッとした感じのとっても入りやすい硫黄泉がそそがれていて、石造りの床と浴槽・太い木の柱がどっしりと中央にある落ちつける造りになっています。
十和田市 十和田湖
奥瀬字猿倉
0176−23−2030
硫化水素硫黄泉  
男女別内湯各1・露天各2
冬期間休業
外来500円 16:00まで
シャワー無
 蔦温泉
☆☆☆☆☆
男女別「泉響の湯」と男性用の「久安の湯」、どちらも透明な源泉がこんこんと湯船の底の板の間からわき出しています。かけ流しのお湯が溢れて流れる床に寝転がって高い天井を見上げたら、もう起きたくない(~o~) 
青森から十和田へ向かう間にぶな林もあってドライブコース(ぶな林トンネル状態!)としても、素敵です。
十和田市 十和田湖
奥瀬字蔦野湯1
0176−74−2311
単純泉 男女別内湯各1
温泉宿 外来可500円
この他の 十和田市の温泉は青森県の温泉(南部方面エリア)へ





 黒石市
 温湯温泉
温湯共同浴場
☆☆☆☆
クリックすると大きい写真がでます。新しくバリアフリーの近代的な建物に建て替えられ、以前とは趣が変わりました。適温と熱めの2つの湯船にほぼ透明なお湯。(多少濾過してるかも)
ここは以前と同じように朝4:00から入れます!!温泉街(客舎)の中の共同湯という立場を保っていると言えるのかもしれません!!
黒石市温湯字鶴泉61
0172−54−8591
弱アルカリ性ナトリウム塩化物泉
共同湯 男女別内湯各1
朝4:00〜23:30
 180円
 温湯温泉
飯塚旅館
☆☆☆☆
大正時代の屋号が粋な商家風、木造の建物。温泉街の町並みに風情を残す役割を担っている。浴室は新しく、4人位入れる大きさの檜の湯船に透明な熱めのお湯がそそがれている。昔ながらの客舎の名残があり、お風呂のお湯は夜には抜かれ、宿泊者は朝は共同湯を利用してもらっているのだそう。
外来入浴は玄関で呼んでも誰も出てこないことも^^;
黒石市温湯字鶴泉60
0172−54−8303
弱アルカリ性ナトリウム塩化物泉
温泉宿 男女別内湯各1
外来可:利用時間不明
300円 
 温湯温泉
  山賊館

  Photo
☆☆☆☆
ファミリー温泉という看板が出ている。なぜ山賊かわかりませんが生活感のあるアットホームな感じの所です。浴槽は一つのみ、シャワー・カランは3つ。熱めのお湯がちょうどよく冷めて適温となっていてツルツル感も感じられて気持ちよい湯です 黒石市温湯
0172−54−8421
弱アルカリ性ナトリウム塩化物泉
男女別内湯各1
外来150円 
 温湯温泉
三浦屋旅館
☆☆☆☆
温湯共同浴場近く。休日の昼など共同浴場は混むので喧噪をさけて利用するにも最適。
男女別内湯各1のシンプルなタイル張り浴室。シャワーカランは5ヶほど。
温めと、少し熱めの湯船が2つある
黒石市温湯
0172−54−8401

弱アルカリ性ナトリウム塩化物泉 男女別内湯各1
外来150円
 落合温泉
落合共同浴場
☆☆☆☆
  Photo
以前は公衆○○○かと思うような佇まいでしたが、改装されて外観は白壁、浴室内も新しくなりました。
・こじんまりしている・浴槽が一つだけ・地元の方々(組合)が管理している共同湯、という点は以前と変わらず。透明なお湯がかけ流されています
黒石市大字袋字平山
ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
共同浴場・男女別内湯
150円 6:00〜21:00
 落合温泉
 花禅の庄
 
  Photo
☆☆☆
食事とセットであれば入浴可能。平日は要予約 
立派な温泉ホテル。廊下もすべて畳で、スリッパを使用する必要が無いというのが特徴かな。
お湯は循環使用のよう、ホテルっぽい雰囲気の内湯と露天。ランチ付きで2000円〜3000円、その他に5000円の日帰りプランなどもあるようです。
黒石市大字袋字富山64−2
0172−54−8226

ナトリウム塩化物・硫酸塩泉 ランチ付2000〜3000円
外来11:00〜15:00
 落合温泉
かねさだ旅館
☆☆☆
お風呂は、あじさいの湯という 男女別各1の内湯のみ。窓越しにあじさいの花の庭が見えるらしい(冬に行ったのでよくわからなかった)気さくそうなご夫婦が頑張っているようで、アットホームな印象だった。日帰りパックなどもあり、地元の宴会などに活用されているよう。 黒石市大字袋字富田66
0172−54−8378
ナトリウム塩化物・硫酸塩泉 ジェットバス

外来500円 
 落合温泉
  南風館
☆☆☆☆
お寿司やさんに併設したお宿。宿泊するとお寿司は必ずつくようです。魚貝好きな方にお薦め。
お寿司やさんのお風呂に入っている感覚。お風呂はタイル貼りのこじんまりしたものですが、お湯のサラサラ感が気持ち良く感じられるよいお湯でした。
黒石市大字袋字富田63−23
0172−54−2528

ナトリウム塩化物・硫酸塩泉 外来300円 12:00〜宿泊客の多い時不可
   

 
 板留温泉
 共同浴場

※営業終了
  
2004年残念ながら取り壊されました。
「貴重な共同湯」河川敷きなので同じ場所への再建は考え難い。板留の旅館が並ぶ通りの川に面した所にありました。古いが浴室はきれいに手入れがされていて、管理している人の気持ちがうれしい、お気に入りの一湯。透明な熱めのお湯がかけ流しで皮膚病に効く
黒石市大字板留字長坂下
0172−54−8021
ナトリウム・カルシウム硫酸塩泉 営業終了
 青荷温泉
☆☆☆☆
ランプの宿としてかなり有名 国道から6kmくねくねと山に入っていきます。お湯は透明で熱くきりっとしています。 部屋を借りなくても15:00までは大広間を開放してくれて、昼寝もできるし、食事の注文もできる
露天からの景色を楽しむ為に春夏秋冬・・好みの季節を選んでいくと良いとおもいます。
黒石市沖浦字青荷沢滝ノ上
0172−54−8588
単純泉
外来500円
外来15:00まで
 長寿温泉
  松寿荘

☆☆☆☆
少し古めの宿。常連の外来入浴客が多そうな雰囲気。丸い湯船にそそがれるお湯は肌にやさしく透明で少しツルツルした感じ。温泉分析表の「無色透明 硫化水素臭 塩味」の表示どおり、非常に「微=うっすら」とした香りがただよっていた。カラン・シャワー15程。改装したようで浴室は新しめ。 黒石市下山形字村下97-1
0172−54−2228
単純泉
6:00〜22:00 250円
男女別内湯各1
家族風呂
 久米温泉
「100円温泉」
☆☆☆☆☆
クリックするともう少し大きい写真がでます。地元建設会社の保養施設(プレハブ)。主に近隣の方の利用で、静かな感じが良かったが、何を思ったか最近では目立つ大きな看板をつけたりしている。シャワーやカランなどは少ないので便利とは違うかも知れないが、ほぼ透明うす茶褐色の、ぬるくてツルツルしたお湯がかけ流しになっています。大きめの浴槽が一つあるのみですが木の浴槽がいい 黒石市追子野木
アルカリ性単純
100円 6時〜18時

某会社の保養施設ですマナーを守って利用してください
空の平高原温泉


☆☆☆☆☆
ダム湖を見下ろすような感じで造られている温泉(青荷温泉に向かって上がっていく山道の途中にあります)2006.5現在は まだ工事中ですが、浴室棟だけが出来ているという状態で入浴可能。お風呂は男女別にシンプルな脱衣所と浴室があり、外観はプレハブっぽいものですが浴室内はタイル貼りに木製の湯舟という りっぱなもの。無色透明クリアで肌につるりとした感触がすごく気持ちの良い湯です。ドバドバという感じではないですが、蛇口からかけ流し。 黒石市二庄内
イカヅツ源泉
アルカリ性単純温泉(低張性) 男女別内湯各1
シャワー・カラン有
その他の備品なし
200円 18:00まで
二双子温泉
共同湯
Photo
☆☆☆☆
共同湯。にそうしおんせん、と読む。小さい浴室のわりにカラン・シャワーが多いので狭く感じられるが、お湯は無色透明・無味無臭、とてもうっすらと甘い匂いがあるような・・でツルツルした浴感も感じられる。
温いのでなんとなく、まったりしてしまうお湯です
黒石市二双子
アルカリ性単純泉
共同湯200円 木曜定休
※入浴券を向いの雑貨屋等で買って入浴
上十川温泉
☆☆☆

住宅街のはずれ、田んぼの前にある古めの公衆温泉銭湯。浴室はタイル貼りで広く、浴槽は2つ(熱い&温め)お湯は無色透明、加熱・循環されている。サウナと小さいラドン浴槽有で温泉というより一日の汗を流す銭湯として機能している感じです。

黒石市上十川字北原3-4-2
アルカリ性単純泉
温泉銭湯
9:30〜21:30

毎月10日定休 350円
 岩木温泉
☆☆☆☆
「銭湯らしい銭湯!」という風情の公衆浴場。無色透明、無臭のお湯ですが、熱めのお湯がそのまま加熱せずに掛け流しで、湯量は豊富で湯船からザァッと溢れる。日常の体の汚れを落とすには充分に贅沢。※岩木町百沢の岩木温泉とは別です

黒石市袋井2-33-34
アルカリ性単純温泉、
温泉銭湯  43.5℃

9:30〜21:30  サウナ
毎月15日定休 350円

宝温泉黒石
☆☆☆☆
外看板の「ビジネスホテル」という字が目立つため、日帰り入浴には落ち着かないかな?と勝手に思っていたが、実際には広い公衆浴場で主として日帰り客向けと言える。改装を加えているようで わりときれいな印象の浴室内。温度別の二つの浴槽、無色透明・無臭ですが、肌にまとわりつくヌルツル感が気持ちよい湯です。浴後はサッパリした感覚です。宿泊用の部屋は畳敷きのタイプですが料金等はビジネス向けの設定。 黒石市浅瀬石字村上311-1
0172-53-0474
アルカリ性単純泉
外来300円 サウナ
・家族風呂1300/1H
ビジネスホテル
コインランドリー
コイン式の洗車場もある
 ほかほか湯めぐり 日帰り温泉